内田篤人、ウッチー節全開の70分引退会見全文・Part2「あの11人はJリーグ史上最強」

「あの時のチームの先輩方は衝撃的だった。練習でついていけないシーンも多かった」

――内田選手のプロ生活を、あえて漢字一文字で表すと?

 出た! 何も考えていない。そういうのは先に言ってくれないと答えられない。じゃあ、土居の土で。そういう難しい質問はやめてください(笑)。じゃあ、思い出したタイミングで言いますね。

――挨拶の最後に「また会いましょう」と言ったのは、どういう思いが込められていた?

 1人のファンとして鹿島スタジアムにまた来たいなと思った。サッカーの道で生きたいなと思っている。サッカーを辞めるだけですからね。たぶん、どっかで会うんだと思います。

――プロ生活のなかで、最後まで守りきれたことは?

 情熱大陸風の質問、やめてもらっていいかな。難しいんだよね。良いこと、言わなきゃいけない感あるよな、土居な!? 契約を全うすることがプロかなと思っていたけど、それもできなかった。今パッと思いつくことはないかな。ないよ。

――プロキャリアのなかで衝撃を受けた選手は?

 日本人……誰だろうな。うーん、年齢的に自分が若かったこともあり、やっぱり黄金世代は凄かったなと思う。(小笠原)満男さん、(中田)浩二さん、新井場(徹)さん、野沢(拓也)さん、本山(雅志)さん、マルキーニョス、ダニーロ、(大岩)剛さん。あの時のチームの先輩方は衝撃的だった。練習でついていけないシーンも多かった。外国の選手で言えば、チームメートでよく戦ったのでフンテラール、ラウール、ファルファンとかですかね。

――ウニオン・ベルリンに遠藤渓太選手が移籍したが、どのような期待をしている?

 良い時期、悪い時期がこれから来ると思いますけど、安定したパフォーマンスをしてほしい。試合に出続けて活躍してほしい。移籍して、海外に出ていく選手が最近多いんですけど、一発目でシャルケ、ドルトムントあたりで活躍してくれる選手が出てきたら面白い。行って勉強するというよりは勝負してほしい。みんながみんな、もらえるチャンスではないので、行ったからにはすぐ帰ってくるというのは、まぁいいんですけど、できれば長く活躍して、たとえば長谷部(誠)さん、川島永嗣さん、吉田麻也だったり、自分の地位を確立できるぐらい活躍してほしいなと思います。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング