「三歩進んで二歩下がる」清水の苦悩 リーグ最多タイ“24失点”の拙守を克服できるか

横浜FC戦の3失点目に見えた守備面の課題

 試合を決められてしまった3失点目が、まさにその象徴だった。

 前々節の湘南ベルマーレ戦でも、そのスピードを生かしたドリブルから得点を決めている横浜FCの松尾に対して、DF岡崎慎が簡単に振り切られた。松尾は「7、8割のドリブルをしていたら相手が食いついてきた」と、あのシーンを振り返っている。岡崎は松尾のドリブルが少し大きくなったところを狙いに行き、想像以上のスピードに驚愕することになったが、他の選手のカバーリングはどうだったのか。スカウティングにより、松尾のスピードには要注意ということはチームとして認識されていたはずだが……。

 第9節の北海道コンサドーレ札幌戦(3-1)での勝利で、昨年の0-8のリベンジを果たし、第10節のベガルタ仙台戦で今シーズン初の無失点試合を経験し自信を得た。そして第11節の横浜FM戦では敗戦の中でも掴んだ手応えが、この第12節の横浜FC戦の結果でまた振り出しに戻ってしまったように受け止められ、「清水は今シーズン、降格がなくて良かったね」と揶揄する声も聞こえてくる。

 クラモフスキー監督や今の選手たちが知っているかは分からないが、昭和の歌謡曲の「三歩進んで二歩下がる」の歌詞が今の清水には当てはまると感じている。今シーズンの残り試合はまだ22試合もある。一歩ずつ確実に前に進んでいくチームの姿を見せるには、十分な時間が残っている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング