内田篤人、現役引退の舞台裏を激白 清水戦で決断「引退させてほしいと言いに行った」

先日引退を発表したDF内田篤人がオンライン会見に出席【※画像はスクリーンショットです】
先日引退を発表したDF内田篤人がオンライン会見に出席【※画像はスクリーンショットです】

敵地でのルヴァンカップ清水戦後に引退を決断 「チームの助けになっていない」

 J1鹿島アントラーズの元日本代表DF内田篤人が、24日にオンラインで引退会見を行い、引退の舞台裏を激白した。「契約を解除して引退させてほしいと言いに行った」と振り返っている。

 2006年に清水東高から鹿島に加入し、2007年から09年のJ1リーグ3連覇などに貢献。10年夏にドイツの名門シャルケへ移籍し、10-11シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ(CL)4強入りも果たした。ウニオン・ベルリンを経て18年に鹿島へ復帰し、8月23日のJ1第12節の本拠地・ガンバ大阪戦(1-1)が現役最後の試合となった。

「昨シーズンを終わった時に契約してもらえないかなと思っていた部分もあった。そのなかでもう1年チャンスをもらえたなという印象でした」と吐露している。決断のきっかけとなった試合は、8月12日のルヴァンカップ・グループステージ第3節の敵地・清水エスパルス戦(3-2)だったという。

「この前のルヴァンカップの後、そのまま(鈴木)満さんに話をしに行きました。チームの助けになっていないというのと、このまま契約を解除して引退させてほしいと言いに行った」

 試合後、自ら引退を申し出たという内田。「鹿島の選手としてけじめをつけないといけないと思った。カテゴリーを下げたり、環境を変えるのも選択肢にあったと思うけど、鹿島以外は選択肢になかった」と続けた。

 小笠原満男や柳沢敦ら偉大な先輩たちの名前を挙げつつ、先輩たちと同じような振る舞いができていないと感じていたという。「それが僕にできていない」と口にしている。「たとえば永木(亮太)、小泉慶、土居くん(聖真)とか。練習を100%やるなかで、その隣に立つのは失礼だなと感じた」と引退の理由を明かしていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング