「いったい何が起きた?」 久保建英、同僚2人翻弄の華麗な“トリプルタッチ”に海外騒然

ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

ミニゲームで左右からチェックを受けながら、細かいボールコントロールで華麗にキープ

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は、レンタル移籍した新天地でクオリティーを証明している。クラブ公式ツイッターで練習の模様が公開され、2人に囲まれながら高速タッチを含めた圧巻のコントロールでボールをキープすると、「いったい何が起きた?」「ありえないレベル」と称賛の声が上がっている。

 スペイン挑戦1年目となった2019-20シーズンに、リーグ戦35試合4得点4アシストの成績を残した久保は、マジョルカへのレンタル期間が満了。欧州のビッグクラブを含めて計30クラブ以上からオファーがあったとされるなか、リーガ・エスパニョーラ5位に入り来季のUEFAヨーロッパリーグ出場権を持つ“イエローサブマリン”ことビジャレアルへの期限付き移籍を選んだ。

 入団会見で新チームに想像以上に早く馴染めそうだと語っていた久保だが、練習で早速そのクオリティーを証明している。ビジャレアル公式ツイッターは17日、「オーマイガー! クーーーボーーーーーーー!」と綴り、一本の動画を投稿。映像ではミニゲームで違和感なくスムーズにプレーする久保の動きを捉えているが、密集地帯でボールを持った際に両サイドから足を出されても、左→右→左と素早いタッチで切り抜け、同時に足裏で180度方向転換して2人を翻弄し、カバーに入った相手選手のチェックもかわしてパスを通した。

 鮮やかなボールタッチに、日本人ファンから「こんなワンツーマジョルカじゃなかったぞ」「スローモーションじゃないと見えない」との声が上がっただけでなく、海外ファンも「いったい何が起きた?」「彼はありえないレベル」「この天才がマジョルカからやってきた」と驚きのコメントが数多く寄せられている。

 これまではリーグ下位のマジョルカで少なからずエクスキューズを付けられてきたが、リーグ指折りの強豪ビジャレアルでも十分通用することを証明しており、早くも実戦への期待が高まっている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング