「衝撃の無人ゴールミスを見よ」 マンCの“痛恨未遂”に反響「子供にどう説明したら…」

痛恨シュートミスで決定期を外したシティFWスターリング(中央)【写真:Getty Images】
痛恨シュートミスで決定期を外したシティFWスターリング(中央)【写真:Getty Images】

スターリングの痛恨シュートミスに海外注目「ペップと世界中の視聴者を困惑させた」

 マンチェスター・シティは現地時間15日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝リヨン戦で、1-3と敗れた。今季も悲願の欧州制覇を逃す結末となったが、イングランド代表FWラヒーム・スターリングが試合終盤に犯した痛恨シュートミスの反響が拡大。英メディアは「衝撃の無人ゴールミスを見よ」と注目している。

 今季プレミアリーグ3連覇を逃したシティだが、当初から最優先の目標に掲げてきたのが、いまだ成し遂げていないCL優勝だった。ベスト16で優勝候補レアル・マドリードを撃破したこともあり、悲願達成の期待が高まっていたなか、ユベントスを破ってベスト8に進出した伏兵リヨンに苦戦を強いられる。

 前半24分、シティはロングパスのカウンターから先制点を献上。後半24分にベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが同点弾を決めるものの、同34分に高い位置でボールを奪われ勝ち越しゴールを奪われてしまう。終盤で手痛い失点となったが、同41分に最大の決定機を迎える。

 波状攻撃を仕掛けるなかでブラジル代表FWガブリエル・ジェズスが右サイドからグラウンダーのクロスを供給すると、DF陣とGKの間をすり抜け、ファーサイドに走り込んだスターリングの足元にピタリと届く。数メートル先の無人ゴールに押し込むだけだったが、力んでしまったのかシュートは枠を大きく逸れてしまった。

 ジョゼップ・グアルディオラ監督や選手全員が頭を抱えるショッキングなシュートミスは世界で大きな反響を呼んでいる。英紙「ザ・サン」は「スターリングの衝撃の無人ゴールミスを見よ」と見出しを打ち、痛恨のシュートミスに「ペップと世界中の視聴者を困惑させた」と報じた。

 また、「サ・サン」は公式インスタグラムでも無人ゴールでシュートミスをする決定的瞬間を投稿し、「スターリングのミスは将来の子供たちにどう説明したらいいのか?」と文章を添えている。

 シティはこの決定機逸の1分後にダメ押しゴールを許し、最終的に1-3で敗戦。スターリングにとっても悔やみきれない分岐点となってしまった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング