ビジャレアル久保、入団会見での華麗リフティングに反響 「トリック技のリサイタル」

ビジャレアルにレンタル移籍したMF久保建英【写真:なかしまだいすけ/アフロ】
ビジャレアルにレンタル移籍したMF久保建英【写真:なかしまだいすけ/アフロ】

新本拠地エスタディオ・デ・ラ・セラミカのピッチで華麗なテクニックを披露

 ビジャレアル移籍が決まった日本代表MF久保建英は、現地時間11日に入団会見に登壇。流暢なスペイン語と日本語で質疑応答に応じた後、新たな本拠地となるエスタディオ・デ・ラ・セラミカのピッチに立ち、“お決まり”のリフティングを披露したが、華麗な足技に大手スペインメディアが「トリック技のリサイタル」と報じている。

 2019年夏にFC東京からレアル・マドリードへ完全移籍した久保は、開幕直後にマジョルカへ期限付き移籍。リーグ戦35試合4ゴール4アシストをマークして存在感を放った。

 10日にメディカルチェックで始動したビジャレアルは同日、ウナイ・エメリ新監督が獲得を熱望したとされる久保のレンタル移籍を正式発表。翌11日に入団会見が行われ、漢字で「久保建英」の文字が施された“サブマリン”のユニフォームを受け取り、メディアの質問に答える様子がクラブ公式SNSでも配信された。

「ビジャレアルを選んだのは最高のオプションだった。ポジションはどこでも良い」

 強豪チームでのポジション争いに意気込みを語った久保は、その後“イエローサブマリン”と呼ばれるビジャレアルの黄色いユニフォームに身を包み、フェルナンド・ロイグ会長とともにホームスタジアムのピッチに立った。スペインではお決まりとも言えるリフティングにも挑戦。通常のリフティングで足の甲にボールを乗せて止め、ボールの周りで足を回転させる“アラウンド・ザ・ワールド”から左足ヒールでボールを空中へ。足、太もも、額を駆使し、最後までボールを落とすことはなかった。

 シャッター音の多さからも注目度の高さは窺えるが、スペイン紙「AS」公式YouTubeチャンネルは「久保がプレゼンテーションで披露:ビジャレアルのユニフォームでトリック技のリサイタル」と題して動画を公開。海外ファンからも「久保は素晴らしい」「キャプテン翼がビジャレアルに到着」「タケは彼の年代でトップの一人」「日本のメッシはクラック」といった声が上がっている。

 強豪ビジャレアルの一員となり、これまで以上に久保の一挙手一投足に注目が集まっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング