町田、U-19代表合宿参加FWが新型コロナ感染 濃厚接触者&感染経路は「調査中」

ウェブ会見に応じた町田の大友健寿社長【※画像はスクリーンショットです】
ウェブ会見に応じた町田の大友健寿社長【※画像はスクリーンショットです】

町田のFW晴山が新型コロナウイルスに感染 京都戦遠征メンバーの濃厚接触者はなし

 J2のFC町田ゼルビアは2日、19歳のFW晴山岬に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たと発表した。晴山は前日1日、千葉県内で行われたU-19日本代表のトレーニングキャンプに合流した際、集合時に参加者全員に対して行われたスマートアンプ 法およびPCR 検査の結果で陽性反応が認められた。現在は37.2度の発熱があり、病院で療養している。また、この日行われる京都サンガF.C.戦は、保健所により遠征メンバー、帯同スタッフにおいての濃厚接触者「無し」との判断だったため、予定通り開催される。

 町田では7月31日に全選手・スタッフに対して行ったJリーグ公式のPCR検査の結果が判明し、全員陰性を確認。保健所により2日に行われるアウェー京都戦の遠征メンバー、帯同スタッフともに濃厚接触はいなかったため、京都と協議の結果、予定通り試合が開催されることとなった。現在は、感染経路含め、遠征メンバー以外では濃厚接触者がいる可能性はあり、調査中という。これを受けて、大友健寿社長がウェブ会見に出席し、説明した。

「代表合宿があって検査ができてというところで、本日の試合にメンバー入りしていたらと想像すると怖いなというところ。検査のあり方としてはJリーグとも話してきたが土日を挟むと保健所との連携ができるのか、難しさを感じた。感染経路は現在調査中。練習方法は関係各所と連携をとって変更する必要があるのか検討していきたい」

 晴山は、1日から5日まで予定していたU-19日本代表候補トレーニングキャンプに参加するため、前日1日に、キャンプ集合時に参加者全員に対して実施したスマートアンプ法およびPCR検査を受けた。午前中にホテルへ集合し、そのまま部屋に直行。この際誰とも接触はなく、公共交通機関も使わないタクシー移動だったため、保健所も濃厚接触者はいないと判断していた。スタッフ含め全員陰性だったが、晴山の陽性が確認されたため練習は行われず、キャンプは中止となっている。

■晴山の1週間の体調経過

7月26日(日)J2第7節栃木SC戦(ホーム)試合メンバー外のチームトレーニング参加(体温36.1度)
7月27日(月)チームトレーニング参加(体温35.9度)
7月28日(火)チームトレーニング参加(体温36.2度)
7月29日(水)J2第8節松本山雅FC戦(アウェー)試合メンバー外のチームトレーニング参加(体温35.9度)
7月30日(木)チームトレーニング参加(体温36.2度)
7月31日(金)チームトレーニング参加(体温36.1度)
8月1日(土)千葉県内でのU-19日本代表トレーニングキャンプ合流(体温36.2度)
※自覚症状はないが、集合時のスマートアンプ法およびPCR検査にて陽性判定
8月2日(日)37.2度の発熱、病院にて療養中

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング