天才・宇佐美を凌駕した衝撃弾は? Jリーグ発表「週間トップ10ゴール」に脚光

選出された(左から)宇佐美、オルンガ、天野、土井、神谷【写真:高橋学 & 小林 靖】
選出された(左から)宇佐美、オルンガ、天野、土井、神谷【写真:高橋学 & 小林 靖】

Jリーグ公式YouTubeチャンネルが映像公開、1位は新潟10番MF本間の圧巻ゴール

 前節のJリーグで数々のスーパーゴールが生まれたなか、リーグ公式YouTubeチャンネルが「週間トップ10ゴール」を選出した。ガンバ大阪FW宇佐美貴史が衝撃にミドル弾を叩き込んで世間の耳目を集めたなか、宇佐美弾を上回る圧巻の一撃が堂々の1位に選出されている。

 Jリーグ公式が7月22日から26日の試合を対象にスーパーゴールをランキング化。華麗なスライディング弾を決めた鹿島アントラーズMF土居聖真、ハットトリックと爆発した柏のケニア代表FWオルンガなどが上位に選ばれている。

 話題を集めたのはG大阪の天才アタッカー・宇佐美のゴールだろう。ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンのプレスを受けるなか、弾丸ミドルシュートを叩き込んで海外メディアも注目を寄せていた。

 そんな宇佐美の一撃を上回ったのが、J2アルビレックス新潟の10番MF本間至恩の驚愕ゴールだ。第7節水戸ホーリーホックの後半26分、敵陣中央でパスを受けた本間が右足を振り抜くと、糸を引くようなミドルシュートがゴール左上に吸い込まれた。これが決勝弾となり新潟が1-0と勝利を収めている。

 ファンから「宇佐美のゴールの方が凄くみえる」「セレッソの坂元のゴール入ってない」と注文が入った一方、「1位バケモンやな」と本間に賛辞が送られており、「シオンは海外行って欲しい」「あの距離、足の振り抜きの速さ、文句無し」と反響が拡大している。

 リーグ公式YouTubeチャンネルが選出した「週間トップ10ゴール」は以下のとおり。

1位 本間至恩(新潟)vs水戸
2位 宇佐美貴史(G大阪)vs神戸
3位 タリク(湘南)vs川崎
4位 オルンガ(柏)vs仙台
5位 土居聖真(鹿島)vsFC東京
6位 瀬川祐輔(柏)vs仙台
7位 神谷優太(柏)vs浦和
8位 天野 純(横浜FM)vs札幌
9位 三笘 薫(湘南)vs川崎
10位 小林 悠(川崎)vs仙台

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング