岡崎慎司は「歴史的なピチーチ」 ウエスカ昇格に貢献の侍FWを現地メディアも称賛

今シーズンウエスカで12ゴールを決めたFW岡崎慎司【写真:HD Huesca】
今シーズンウエスカで12ゴールを決めたFW岡崎慎司【写真:HD Huesca】

福田健二のシーズン10ゴールを更新し、スペイン1・2部の日本人シーズン最多得点を記録

 ウエスカのFW岡崎慎司は今季、チームのスペイン1部リーグ昇格に貢献し、2020-21シーズンの契約延長も正式に発表された。スペインメディアは「日本人選手の歴史的なピチーチ(得点王)」とさらなる活躍に期待を寄せている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 岡崎は今季開幕前にスペイン2部マラガと契約するも、クラブの総額年俸の超過により選手登録ができずに契約解除。その2日後に同じ2部のウエスカと延長オプション付きの1年契約を結んだ。

 シーズン中はVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によるゴール取り消しに何度も遭いながら、37試合(うち先発26試合)に出場してチームトップの12ゴールをマーク。2006-07シーズンにFW福田健二が2部ヌマンシアで決めた10得点を超え、スペイン1・2部の日本人シーズン最多得点記録を更新し、チームの1部昇格にも大きく貢献した。

 ウエスカは現地7月25日に岡崎との契約延長を正式発表。スペイン放送局「アラゴンTV」も侍ストライカーの今季の活躍を総括している。

「34歳の日本人選手は今シーズン、重要なメンバーの一人となった。彼の攻撃の貢献は、1部復帰という目標を達成するための決定的な要因となった。事実、彼はスペインで活躍した日本人選手のなかで歴史的なピチーチ(得点王)だ。これほど多くのゴールを決めた選手は他にいない。昇格に備えて自動更新オプションがあったため、日本人選手がプレーすることは暗黙の了解だったが、ウエスカが正式に契約延長を行い、さらにチームとの関係は1シーズン続くことになる」

 まさに“相思相愛”の関係の岡崎とウエスカ。岡崎は念願のスペイン1部リーグでどのようなプレーを見せるのか、今から期待は高まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング