レスターFWヴァーディ、33歳で“最年長得点王”獲得 「年齢は感じない」と来季にも自信

プレミアリーグ得点王を獲得したFWジェイミー・ヴァーディ【写真:Getty Images】
プレミアリーグ得点王を獲得したFWジェイミー・ヴァーディ【写真:Getty Images】

23得点でアーセナルFWオーバメヤンの追撃をかわし、自身初の得点王に輝く

 レスター・シティの元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが23得点で自身初となるプレミアリーグ得点王を獲得した。33歳での得点王は同リーグ史上最年長記録を更新。ヴァーディは「年齢は感じない」とさらなる活躍に自信をのぞかせている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 ヴァーディは今季プレミアリーグで35試合に出場。シーズン途中に8試合連続得点を記録する固め打ちもあり、2015-16シーズンに記録したキャリアハイの24得点に迫る23得点をマーク。ラスト3試合は不発に終わったものの、最後はアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(22得点)の追撃をかわして、自身初の得点王を獲得。受賞の証となるゴールデンブーツを手にした。

 33歳のヴァーディはこれでプレミアリーグ史上最年長得点王となり、2009-10シーズンに32歳で得点王となった元コートジボワール代表ディディエ・ドログバ氏(元チェルシー)の記録を更新した。

 今季5位フィニッシュのレスターを牽引したエースストライカーは、試合後のインタビューで「年齢は感じない。幸運なことにあまり怪我もなかったし、来季もできるだけ強くなって戻ってきたい」とシーズン途中に34歳を迎える来季の活躍も見据えた。

 最終節のマンチェスター・ユナイテッド戦に0-2で敗れたことで惜しくもトップ4入りを逃したが、ベテランのヴァーディは力強いパフォーマンスで健在ぶりを示した。UEFAヨーロッパリーグに参戦する来季も、このエースがチームの浮沈の鍵を握る存在なりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド