圧倒的な破壊力に得点力! G大阪FW、下部組織所属の愛息が「7得点」にファン驚嘆

ガンバ大阪FWパトリック【写真:齊藤友也】
ガンバ大阪FWパトリック【写真:齊藤友也】

G大阪FWパトリックが公式ツイッターで下部組織所属の愛息がプレーする様子を公開

 ガンバ大阪のブラジル人FWパトリックが、公式ツイッターを更新した。G大阪の下部組織に所属する愛息フェリペくんの試合を見に行ったようで、「7得点しました」と驚異の得点力を報告。父親譲りの体格の良さと破壊力で、将来有望なストライカーとしてファンからも期待を寄せられている。

 パトリックは2013年に母国ブラジルのアトレチコ・ゴイアニエンセから川崎フロンターレに期限付き移籍し、初来日。ヴァンフォーレ甲府を経てブラジルへ一度戻り、14年夏にG大阪へ加入した。パトリックが加入後、降格圏の16位に低迷していたチームは、第15節ヴァンフォーレ甲府戦(2-0)から15勝3分2敗と“奇跡”のV字回復を見せ、勝ち点48を積み上げた。20試合で9ゴールをマークし、FW宇佐美貴史との名コンビで国内三冠へと導いた。

 16年10月には、右前十字靭帯損傷及び右外側半月板損傷により全治8カ月の大怪我を負い、母国で手術を受けた。クラブは功労者に対して、同年限りだった期限付き移籍の契約期間を17年夏までに延長。17年6月に退団し、広島へ渡った。18年には33試合20得点で得点ランク2位と活躍し、昨夏再び古巣のG大阪へ戻ってきた。

 長年Jリーグで活躍しているパトリックだが、「日本が大好き」と公言。16年1月には母国メディアに「日本国籍取得を検討している」と明かし、日本代表入りを目指し始めた。国籍取得には小学校2、3年生程度の日本語の読み書き能力が必要で、現在も語学習得のため努力を重ねている。4日に再開したJ1では、ここまで5試合連続の途中出場を果たしており、チームの連勝に貢献している。そんななか、パトリックは公式ツイッターを更新した。

「フェリペの最新の試合で僕は嬉しくなりました。7得点しました。彼のゴールを僕に分けてもらう必要が出てきたなあ(笑)ポジティブなエネルギーを彼からもらって僕はいつも嬉しいです。愛してるよ息子」

 日本語でそう綴り、G大阪の下部組織に所属する愛息フェリペくんの試合を見に行ったことを報告。動画では、父親譲りの体格の良さ、破壊力を持ったストライカーのフェリペくんが、7得点で大活躍する様子が収められている。

 ファンからは「フェリペが日本代表として活躍してくれることを楽しみにしてます!」「足の速さとか身体の強さがお父さんそっくり!」「フェリペも上手いけどパトも日本語上手くなったな」「走っている姿、お父さんにそっくり」「父親譲りの生粋のストライカーですね」と絶賛のコメントが並んだ。愛息にとって自慢の父は、今季もピッチで見せてくれることだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング