17歳MFベリンガム、ドルトムント移籍決定 移籍金推定31億円「本当に興奮している」

バーミンガムでプレーするU-17イングランド代表MFジュード・ベリンガム【写真:Getty Images】
バーミンガムでプレーするU-17イングランド代表MFジュード・ベリンガム【写真:Getty Images】

英2部バーミンガムからドルトムント移籍、正式発表を受けて新クラブサイトでコメント

 ドルトムントは20日、英2部バーミンガムからU-17イングランド代表MFジュード・ベリンガムを獲得したと正式に発表した。契約期間は明らかにされていないものの、クラブは“長期契約”を結んだと発表。ドイツ誌「キッカー」は、移籍金が推定2500万ユーロ(約31億円)と報じた。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 ベリンガムは昨年8月、16歳でバーミンガムでトップデビューを飾り、クラブ最年少出場記録、最年少得点記録などを立て続けに更新。今季英2部チャンピオンシップでは40試合4得点3アシストをマークしていた。

 マンチェスター・ユナイテッドなどメガクラブによる争奪戦が予想されていたなかで、海外挑戦を決断したベリンガム。6月29日に17歳を迎え、晴れてドルトムントとプロ契約を結んだ。

 ブンデスリーガ公式サイトでもベリンガムの移籍決定が報じられ、「ヨーロッパで最も大きな才能の1人」と称されている。2017年にマンチェスター・シティからドルトムントに加入した同胞MFジェイドン・サンチョの存在が移籍の決め手となったとも伝えられており、サンチョに続くブレークが期待をされる。

 大きなステップアップを果たしたベリンガムはドルトムントの公式サイトを通じ、次のようにコメントを発表した。

「7歳の時にバーミンガム・シティに来て、そこからバーミンガム・シティが私にしてくれたことには感謝してもしきれない。今は、欧州で最も大きなクラブの一つに加入することができて本当に興奮している。BVBの方針、特に若い選手の成長を手助けする姿勢によって、私と家族は簡単に決断することができた世界で最も美しいスタジアムでプレーするのが待ちきれない」

 イングランドが誇る新たな逸材はジグナル・イドゥナ・パルクでその才能を開花させることができるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング