乾貴士、「不思議なパス」から珍ゴールに反響拡大 「最も奇妙なゴールの一つ」

エイバルMF乾貴士【写真:Getty Images】
エイバルMF乾貴士【写真:Getty Images】

バジャドリード戦で乾が今季2点目、珍しい形でのゴールに海外メディアが注目

 エイバルのMF乾貴士は、現地時間16日に行われたリーガ・エスパニョーラ第37節バジャドリード戦で今季2点目を挙げ、3-1の勝利に貢献した。珍しい形で決まった乾のゴールが脚光を浴びたなか、「今年の最も奇妙なゴールの一つ」と反響が拡大している。

 乾は2試合連続で先発出場し、前半21分にDFペドロ・ビガスのゴールでエイバルが先制。そして迎えた同28分、日本人アタッカーにビッグチャンスが訪れた。

 エイバルが高い位置からプレッシャーをかけると、バジャドリードMFフェデ・サン・エメテリオが右サイドからGKへバックパス。しかし、このパスが大きく逸れ、予想外のコースに驚いたGKも足を滑らせると、猛ダッシュで寄せた乾がボールを拾って無人のゴールに流し込んだ。

 試合後、乾のゴールは海外でも大きな話題となり、「年間大ポカ大賞」「コミカルゴール」と伝えていた。試合から時間が経っても注目を集めており、今も反響が広がっている。

 米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターブラジル版は「DFが不思議なパスを送り、GKがスリップ」と記した一方、「今年の最も奇妙なゴールの一つ」と言及。また同局の情報番組「スポーツセンター」公式ツイッターは「フェデは後方からプレーを始めさせたいと考えていた。問題? どこにいるか見ていなかったことだ! 乾がそれを生かし、エイバルがゴール」と報じた。

 思わぬ形で脚光を浴びた乾。スペインはレアル・マドリードの優勝が決まったなか、19日の最終節ビジャレアル戦で2試合連続ゴールに期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング