ファン・ダイク、痛恨の“失点直結ミス”に英驚き リバプール加入後「わずか2度目」

リバプールDFファン・ダイクのパスミスから失点に【写真:Getty Images】
リバプールDFファン・ダイクのパスミスから失点に【写真:Getty Images】

アーセナル戦の前半32分にバランスを崩しパスミス、同点ゴールを献上

 リバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクは、現地時間15日のプレミアリーグ第36節アーセナル戦(1-2)でプレミアリーグ88試合目にしてわずか2回という非常に珍しいミスを犯した。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 アーセナルの本拠地エミレーツ・スタジアムに乗り込んだリバプールは、前半20分にセネガル代表FWサディオ・マネのゴールで試合の均衡を破った。すでに優勝は決まっているものの、マンチェスター・シティが持つプレミアリーグ最多勝ち点(100)の記録更新に向けて、幸先良く先制した。

 しかし同32分、チームに思わぬ綻びが生じた。最終ラインでパスを回していたなかで、ボールを持ったファン・ダイクはアーセナルFWリース・ネルソンからのプレッシャーによってバランスを崩し、ブラジル代表DFファビーニョへのバックパスが乱れた。これをフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットに奪われ、そのまま失点。ファン・ダイクのミスパスが、決定的なラストパスのような形になってしまった。

 サッカーデータサイト「WhoScored.com」の公式ツイッターによると、ファン・ダイクが失点に直結するミスを犯したのはリバプールでのプレミアリーグ出場88試合目にして2度目の出来事だったという。前回のミスが2019年3月のフルハム戦で、失点に直接的に関与したのは約1年4カ月ぶりとなった。

 サッカー情報サイト「Squawka」も公式ツイッターで、「ファン・ダイクが失点に直結するミスを犯したのは今季のプレミアリーグでは初めて。リバプール加入以降でわずか2度目のこと」と驚きを持って報じている。

 この試合に1-2で敗れ、プレミア最多勝ち点記録更新の可能性も消えたなか、“世界最高のDF”と称されるファン・ダイクのミスがいかに珍しいかということがデータによって明らかとなった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング