今季絶好調男がキレキレ! 川崎FW長谷川、相手翻弄の“ルーレットターン”に反響

川崎フロンターレのMF長谷川竜也【写真:高橋学】
川崎フロンターレのMF長谷川竜也【写真:高橋学】

今季チームトップの3得点を挙げている長谷川が柏戦でMF戸嶋とDF染谷を翻弄

 川崎フロンターレは11日、J1リーグ第4節・柏レイソル戦で3-1と勝利し、暫定首位に浮上した。元日本代表MF家長昭博が2発、元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンもゴールを決めたが、今季好調のFW長谷川竜也の個人技が注目を集めている。

 リーグ再開後2連勝で迎えた川崎は、家長が前半40分から2分間で2ゴールを挙げて一気に主導権を握り、後半7分にL・ダミアンもチーム3点目を奪取。柏に1点を返されたものの、3-1で勝利を飾った。

 そのなかで、個人技で見せたのが前節のFC東京との“多摩川クラシコ”(4-0)で2ゴールを記録するなど、今季チームトップの3点を挙げている5年目の長谷川だ。

 前半33分、敵陣左サイドからドリブルでペナルティーエリア内に侵入した長谷川は、行く手を柏MF戸嶋祥郎、背後をDF染谷悠太に挟まれたなかで素早く反転。さらに、ゴールに正対した瞬間に左に切り替えして戸嶋の逆を突き、シュートまで持ち込んだ。

 惜しくもフィニッシュは阻まれたものの、鮮やかなテクニックにDAZN公式ツイッターは「長谷川竜也のルーレットターン。ボックスの中でキレを見せる長谷川のプレーにスタジアムがどよめく!」と動画を公開。ファンからも称賛が相次いでいる。

「長谷川最近エグいて!」
「見てて気持ちいい」
「見た瞬間うおおっ!って自然に声が出た」
「いやもうキレッキレやん」
「これがハセタツ」

 長谷川は今季の川崎を語るうえで欠かせない存在となっている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング