欧州帰りの横浜FM天野純、超絶ループ弾&ドリブル弾を海外絶賛「美しいゴール」

ベルギー2部のロケレンから横浜F・マリノスに復帰したMF天野純(写真は2018年)【写真:荒川祐史】
ベルギー2部のロケレンから横浜F・マリノスに復帰したMF天野純(写真は2018年)【写真:荒川祐史】

第3節湘南戦で2ゴールを決めた天野、海外メディアが注目

 横浜F・マリノスに所属する欧州帰りのMF天野純が、8日の第3節湘南ベルマーレ戦(3-2)で圧巻のループ弾や股抜きドリブル弾から2ゴールをマークし、海外メディアが「わずか数分で二つの美しいゴールを決めた」と絶賛している。

 試合は後半7分、湘南FW中川寛斗に先制ゴールを奪われた横浜FMだが、後半18分に投入された天野が存在感を発揮。投入から3分後の後半21分にスーパーゴールを叩き込む。敵陣中央でボールを受けた天野は左サイドへ流れながら持ち上がると、ペナルティーエリア左手前から左足を一閃。相手の最終ラインとGKの頭上を越す20メートルの鮮やかなループシュートを放ち、ゴール右隅に叩き込んだ。

 さらに1-1で迎えた後半32分、相手ペナルティーエリア前でボールを受けた天野が、味方とのパス交換から打開。相手DF坂圭祐の股を抜くドリブルで侵入すると、小刻みなステップで相手を翻弄し、相手GK富居大樹の股を射抜く一撃を決めた。

 試合は最終的に3-2と横浜FMが勝利したなか、ベトナムメディア「Bongda」は「日本のプレーヤーが約10分で素晴らしい2ゴールを決めた」と映像付きで紹介。「ミッドフィールダーの天野純がわずか数分で二つの美しいゴールを決め、横浜F・マリノスの重要な勝利に貢献した」と絶賛している。

 19年夏にベルギー2部ロケレンへ移籍した天野だが、新型コロナウイルスの影響でチームが破産し、古巣に復帰。今季2試合目のリーグ戦出場で、圧巻のゴールを奪っており、さらなる活躍に期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング