久保建英、ドリブル数でメッシらに次ぐリーガ5位 リーグ公式SNSのヘッダーにも起用

今季リーガで5番目のドリブル数を記録しているマジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
今季リーガで5番目のドリブル数を記録しているマジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

11試合連続スタメンを飾ったレバンテ戦で“50m疾走”から今季4ゴール目をマーク

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間9日、リーガ・エスパニョーラ第35節レバンテ戦に11試合連続でスタメン出場し、1-0で迎えた後半39分に自らのドリブルからチャンスを作り、今季4ゴール目を決めた。リーガ公式ツイッターによれば、久保は19歳にして今季リーグ5位のドリブル数をマークしているという。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 降格圏の18位に沈むマジョルカにとって、逆転残留のためには勝利が求められた一戦で久保が輝きを放った。前半40分にコロンビア代表FWクチョ・エルナンデスのゴールで先制するも、後半はリズムをつかめず押し込まれる展開が続いていた。そんな苦しいチームを救ったのが、11試合連続スタメンを飾った日本人レフティーだった。

 後半39分、ハーフウェーライン手前でFWアンテ・ブディミルの落としを受けた久保がドリブルを開始。約50メートルを駆け上がってペナルティーエリア内に侵入すると右足を振り抜いた。このシュートは相手GKにセーブされるも、その後ブディミル、MFダニ・ロドリゲスとつなぎ、MFサルバ・セビージャが放ったシュートを再び相手GKが弾いたところに久保が素早く反応。左足で合わせて値千金の2点目を奪った。久保にとっては第27節エイバル戦(2-1)以来、8試合ぶりとなる今季4ゴール目となった。

 久保はゴール後、ビセンテ・モレノ監督らスタッフのいるベンチ前まで走り歓喜のお辞儀ポーズ。会心の一撃を決めた久保は後半41分にFWラゴ・ジュニオールと交代してベンチに下がり、チームもそのまま2-0と残留に望みをつなぐ勝利を収めた。

 リーガ公式ツイッターは、今季リーガのドリブル数トップ5を紹介。「ドリブルに関してメッシに勝る者はいない」と綴り、リオネル・メッシ(バルセロナ)が239回で断トツ1位に君臨しているが、2位のルーカス・オカンポス(セビージャ/149回)、3位のファビアン・オレジャーナ(エイバル/138回)、4位のナビル・フェキル(ベティス/137回)に続き、久保が117回で堂々5位にランクインしており、コメント欄には将来的なメッシの対抗馬に挙げる声も見受けられた。

 リーガ公式ツイッターのヘッダー画像に起用されるなど、スペインでも注目を集める久保。どこまで快進撃は続くのか、楽しみは尽きない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング