「ここでダメなら先はない」 覚悟を決めたシンガポールの2年間、英雄に認められたスタイル

アルビレックス新潟シンガポール時代の吉永一明氏【写真:©Albirex Niigata FC Singapore】
アルビレックス新潟シンガポール時代の吉永一明氏【写真:©Albirex Niigata FC Singapore】

【高校、ユース、Jを率いた吉永一明の指導論|第5回】コーチ時代に沸き上がった疑問、新潟シンガポールで監督に挑戦

 吉永一明(現・アルビレックス新潟アカデミーダイレクター兼U-18監督)は、2017年からアルビレックス新潟シンガポールを率いて、2シーズンを戦い抜いた。この間、敗れたのはわずかに2試合。リーグ、カップ、チャリティーシールドをすべて連覇する空前の戦績が残った。

「ここでダメなら先はない。また普通の結果では、誰も気に留めてくれない。まず私自身が生き残っていかなければならない状況にあり、何度もそういう話をしてきたこともあり、チーム全体に同じ覚悟が共有されました。もちろん、シンガポールリーグに日本のチームが参戦しているわけで、最初から快く思っている人はいない。それでもこのサッカーは面白いな、と地元の人たちも巻き込んで、シンガポールのサッカーシーンを変えるつもりで取り組んできました」

 シンガポールリーグに挑戦する前年は、当時J1のヴァンフォーレ甲府でコーチを務めた。最終戦でサガン鳥栖に敗れたものの辛うじて残留を決めるのだが、戦力が整わずフラストレーションの溜まるシーズンだった。

「一貫して受け身のサッカーで、『攻撃はどうするの?』という状況が続きました。そこで疑問が沸き上がってきたんです。もちろん各クラブには、カラーや哲学がある。でもプロサッカーはエンターテインメントだよな……、もっと勝ち負け以上に、また観に来たいと思ってもらえるサッカーがしたい。それなら自分で監督をやり、ゲームモデルを持って考えていることを表現したい。そんな欲が生まれてきたんです」

 シンガポールにもサッカー熱はある。だがファンはパブでイングランドのプレミアリーグ中継に熱狂し、国内リーグには興味が向けられていなかった。

「クラブは入場料収入より、国からの補助金を頼りに運営している状況でした。しかしその中でアルビレックスだけは、Jリーグと同じように地域交流などを積極的に行なった。その成果が出て、地域のサポーターが生まれて応援に来てくれた時は、凄く嬉しかった」

 ミーティングではマンチェスター・シティの映像を多用。「全員がプレー原則を理解してくれて、全チームと比較しても最も規律を持って迷いなくプレーできた」そうだが、このスタイルには賛否が分かれた。

「パスを細かく繋ぐサッカーは、イライラすると言われたこともあります。プレミアリーグの影響が強くて、大味ながら個の力で打開しようとするチームが多く、そちらを好むファンも少なくない。それでも同国の英雄アレクサンダー・ドゥリッチさん(Sリーグで300得点、元シンガポール代表主将、ボスニア・ヘルツェゴビナのカヌー代表で五輪入賞の変わり種)などは、我々のスタイルを気に入ってくれて、よく声をかけてくれました」

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング