バルサ新ユニフォーム、問題発生でリコールへ 7月7日にお披露目予定も先送りか

バルサ新ユニフォームに問題発生と現地紙が報道(写真は今季のモデルです)【写真:Getty Images】
バルサ新ユニフォームに問題発生と現地紙が報道(写真は今季のモデルです)【写真:Getty Images】

濡れた際の色の変化が問題か、エスパニョール戦で着用予定も不可能に

 シーズンの終盤に翌シーズンのユニフォームを着用する流れは、ここ数年、欧州で珍しくなくなってきている。バルセロナは7月7日に予定されているエスパニョールとのバルセロナダービーで来季のユニフォームを着用する予定だったが、それが不可能になったようだ。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 記事によるとバルセロナは、黄色いラインで区切られた臙脂と青の縦縞のデザインの2020-21シーズンモデルのユニフォームをエスパニョール戦で着用する予定だったという。しかし、汗をかいた時や洗った際に色が変化してしまう問題が起きたため、ユニフォームサプライヤーのナイキ社が、このユニフォームを回収することになったようだ。

 すでに一般販売用のユニフォームも、発売日に向けて店舗へ発送されていたが、これらもすべてリコールされるという。

 縦縞のデザインに戻ることで、話題となったバルセロナの2020-21シーズンユニフォーム。アウェーユニフォームは黒、サードユニフォームはピンクになることも明かされたが、選手たちが新ユニフォームをまとってプレーする姿を見られるのは、もう少し先になるようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング