「涙を我慢できなかった」 長友佑都、ガラタサライ退団で「感動の瞬間」に海外脚光

日本代表DF長友佑都がガラタサライで最後の練習に挑んだ【写真:Getty Images】
日本代表DF長友佑都がガラタサライで最後の練習に挑んだ【写真:Getty Images】

長友がガラタサライで最後の練習、クラブ公式が公開した写真にトルコメディアも反応 

 トルコ1部ガラタサライの日本代表DF長友佑都は今季限りでの退団が囁かれていたなか、クラブ公式ツイッターが最後のトレーニングで別れの涙を流す様子を公開した。トルコ紙「hurriyet」は「感動の瞬間」「涙を我慢できなかった」と伝えている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 現在33歳の長友は2010年にFC東京からイタリアのチェゼーナへ移籍。翌年7月にセリエAの名門インテルへ移籍すると、主力の1人として7シーズンにわたって活躍した。2018年1月に出場機会を求めてトルコ1部ガラタサライへ期限付き移籍し、同シーズンに自身初のリーグ優勝を果たしている。

 シーズン終了後に完全移籍へ移行すると、昨季までリーグ2連覇に貢献した一方、今冬以降は外国人選手の人数規定のため登録を外れ、出場機会のない状態が続いていた。そうしたなかでガラタサライ公式ツイッターが「最後のトレーニング前のユウト・ナガトモ」と綴り、涙を流す様子を公開していた。

 これにトルコ紙「hurriyet」が反応。「シーズン後半は契約が凍結された日本人左サイドバックが最後のトレーニングに臨んだ」と伝え、「ガラタサライのトレーニングで感動的な瞬間!」と写真付きで報じた。長友が思わず目頭を熱くした瞬間を紹介し、「ユウト・ナガトモは涙を我慢できなかった」と続けている。

 長友の涙の別れは現地メディアでも注目を浴びていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング