久保は降格回避への「5人目のキーマン」 “崖っぷち”での12年ぶり大勝にスペイン紙注目

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

セルタとの残留争い直接対決に5-1で大勝、久保は2アシストを含む4ゴールに絡む活躍

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間6月30日、リーガ・エスパニョーラ第33節のセルタ戦に9試合連続でスタメン出場し、2アシストを含む4ゴールを演出。チームにとって今季最多得点となる5-1の快勝に大きく貢献した。降格危機に喘ぐチームの希望の光となる活躍に、スペイン紙「ラ・バングアルディア」もキーマンとしての役割を果たしたと称賛している。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 この日は2列目右サイドでキックオフの笛を聞いた久保。1-0で迎えた前半27分に左サイドに流れてFWクチョ・エルナンデスにパスを供給し、チーム2点目につなげると、同40分には久保の仕掛けで相手2人を引きつけつつ中央へ折り返す。これをMFアレハンドロ・ポソが鮮やかな左足シュートを突き刺し、久保にアシストがついた。

 後半に入ってもマジョルカは、流麗な攻撃を見せる。1点を返された直後の後半7分には、久保が再び相手2人を引きつけてMFサルバ・セビージャにパスを送り、最後はFWアンテ・ブディミルがこの日2点目を決めて4-1に。そして仕上げは同15分、久保のキープからのパスを受けたセビージャが、絶妙なコントロールショットを決めて勝負あった。

 シーズンを通じて攻守とも1部のレベルに苦しみ続けたマジョルカだったが、この日は今季随一とも言える内容と結果を残した。同紙によると1部での大勝は、2008年3月のレクレアティーボ戦の7-1以来のことで、ゴールを決めたブディミル、エルナンデス、ポソ、セビージャを「ビセンテ・モレノ監督が降格を回避するために構築すべき4本柱だ」と記すとともに、久保についても「5人目のキーマンである」と名指しで称賛している。

 残留を争うセルタとの“シックス・ポインター”を制したことで、なんとか生き残ったマジョルカ。奇跡の残留のためには、久保の活躍が必須となるだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング