現役復帰ロッベン、バイエルン時代のカットイン弾に再脚光 「ゲームのよう」「狂気だ」

現役復帰を発表した元オランダ代表FWアリエン・ロッベン【写真:Getty Images】
現役復帰を発表した元オランダ代表FWアリエン・ロッベン【写真:Getty Images】

バイエルン時代に決めたカットインシュート弾をCL公式インスタグラムが公開

 古巣のフローニンゲンで現役復帰することが発表された元オランダ代表FWアリエン・ロッベンは、切れ味鋭いドリブル突破と正確な左足シュートを武器に、数々のゴールを決めてきた。そんなロッベンの“十八番”と言えば、サイドから中央へ切れ込んでからのカットインシュートだろう。CL公式インスタグラムは、バイエルン・ミュンヘン時代のロッベンが決めたカットイン弾に再注目し、映像を公開。ファンからは「アンストッパブル」「ゲームのよう」「狂気だ」などの声が寄せられている。

 現在36歳のロッベンは、2000年に母国オランダのフローニンゲンでプロデビュー。02年に名門PSVへ渡りブレークしたのち、チェルシー、レアル・マドリード、バイエルンと各国のトップクラブでタイトルを獲得した。またオランダ代表としては96キャップを刻み、ワールドカップに3回、EUROに2回出場。昨年、現役キャリアにピリオドを打つことを表明していたが、6月27日に日本代表MF板倉滉も所属する古巣フローニンゲンでの電撃復帰を発表し、世界中に驚きを与えた。

 そうしたなか、CL公式インスタグラムはロッベンがバイエルン時代にCLで決めたカットインシュートからのゴールに再注目し、映像を公開。鋭いドリブルと正確な左足のシュートで観る者を魅了してきたロッベンの“十八番”とするプレーからのゴラッソが満載で、2010年3月9日に行われたCL決勝トーナメント1回戦フィオレンティーナ戦の第2戦で決めたカットインシュート弾から始まり、アーセナルやバルセロナ、ユベントス相手に決めたものなどが収められている。

 この投稿に対し、コメント欄には「これまで見てきた中で最高のウインガーだ」「レジェンド」「キング」とロッベンを称えたものから、鋭いカットインシュートに対し「DFは彼が何をするか分かっていても止められない」「アンストッパブル」「まるでゲーム上でコントロールされているよう。彼の左足は狂気だ」という驚きの声まで寄せられている。

 ワールドクラスの一撃でファンを虜にしたロッベン。一度発表した引退から1年間のブランクを経て復帰したフローニンゲンでも、得意のカットインシュートが見られることを期待したい。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング