残留争いマジョルカ、完敗に現地メディアは低評価 久保へも「動かそうとしなかった」

ビルバオ戦でスタメン出場となったMF久保建英【写真:Getty Images】
ビルバオ戦でスタメン出場となったMF久保建英【写真:Getty Images】

久保、ビルバオ戦でフル出場も1-3の完敗…マジョルカは厳しい残留争い

 日本代表MF久保建英が所属するマジョルカは、スペインのラ・リーガ1部残留に向けて非常に厳しい敗戦を喫した。現地時間27日に開催された第32節アスレティック・ビルバオ戦で1-3の完敗を喫した。スペイン紙「AS」では久保ら選手の評価が高まらない一方で、指揮官が苦悩のコメントを残している。

 この日のマジョルカは攻守に連動したビルバオの組織的連動の前に、完全に劣勢に立つ展開に。久保は前節レアル・マドリード戦と同じく2トップに配されたものの、有効な形でパスが入る場面は数えるほど。デザインされたセットプレーからの失点を含めた2ゴールを許し、後半には久保のパスを契機にしたPKダッシュで1点を返したものの、試合終盤にビルバオの鮮やかなカウンターの前に沈み、点差以上に自力の差を見せつけられる90分間となった。

 内容的にも完敗だった一戦、同紙のマジョルカに対する評価は低く、久保を含めて最高評価は3点満点中1点にとどまる選手が大半。そしてマッチレポートでも「(2点ビハインドとなった)後半20分においてもボールを持ち、動かそうとしなかった」と手厳しかった。試合後の会見に臨んだビセンテ・モレノ監督は「私の子供たちのため、勝つために必要なものを示すことができなかった。彼らを敗北の責任から解放してあげたい」と反省の弁を述べるほかなかった。

 この敗戦によって残留圏内となる17位エイバルとの勝ち点差は残り6試合で「6」。なおかつエイバルは1試合消化が少ないため、もし今節で勝ち点を積み上げれば非常に厳しい状況となる。過密日程により疲労も蓄積されるなか、久保は決定的な仕事でがけっぷちのチームを救うことができるか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング