久保建英を「メッシ2.0」と命名 成長ぶりに英メディア驚嘆「比較に応え始めている」

レアル・マドリード戦で鋭いドリブル突破を披露したマジョルカMF久保建英【写真:AP】
レアル・マドリード戦で鋭いドリブル突破を披露したマジョルカMF久保建英【写真:AP】

スペインで成長を遂げる久保を英メディア特集 「新メッシと呼ばれてきた選手が…」

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、24日のリーガ・エスパニョーラ第31節レアル・マドリード戦(0-2)で華麗な3人抜きドリブルを披露するなど存在感を放った。そんな19歳の日本人アタッカーの成長ぶりに英メディア「HITC」が注目し、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの新バージョンを意味する「メッシ2.0」と命名し、絶賛している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 久保はレアル戦で7試合連続スタメン出場を飾り、要所で脅威を与えるプレーを見せた。とりわけ後半17分には、鋭いターンでドイツ代表MFトニ・クロースを置き去りにすると、高速ダブルタッチでスペイン代表DFセルヒオ・ラモスを抜き去り、さらにフランス代表DFフェルランド・メンディを翻弄して右足シュートを放った。惜しくも枠外に外れたが、久保のインパクトは特大だったようだ。

 英メディア「HITC」は「メッシ2.0、ワールドクラス」と久保を評し、バージョンアップを遂げた“新メッシ”となる可能性に触れている。

「2011年にラ・マシア(バルセロナ下部組織)に魅惑的な技術をもたらして以来、新たなリオネル・メッシと呼ばれてきた選手が、ついにラ・リーガの舞台で史上最も才能のあるサッカー選手との比較に応え始めている」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング