「どちらが最高のテクニック?」 ラモスvsアーノルド、“宝石級”の直接FK弾を海外比較

DFながら素晴らしいFK精度を持つレアルのセルヒオ・ラモス(左)とリバプールのアレクサンダー=アーノルド【写真:Getty Images】
DFながら素晴らしいFK精度を持つレアルのセルヒオ・ラモス(左)とリバプールのアレクサンダー=アーノルド【写真:Getty Images】

リバプールDFアーノルドとレアルDFラモスの直接FK弾に脚光 「ほぼ同じ距離で同じ位置」

 プレミアリーグとリーガ・エスパニョーラは現地時間24日に第31節を開催し、リバプールはクリスタル・パレスに4-0、レアル・マドリードはマジョルカに2-0で勝利を収めた。両チームはそれぞれの試合において、フリーキッカーを務めるトップクラスのディフェンダーが完璧な直接FK弾を決めており、海外メディアは「どちらを最高のテクニックと定義する?」と見出しを打ち注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 現地時間25日に行われたプレミア第31節で2位マンチェスター・シティが敗れ30年ぶりのリーグ制覇を決めたリバプール。24日に行われたクリスタル・パレス戦の前半23分、ペナルティーエリア手前でFKを獲得すると、キッカーを務めたイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが鋭いコントロールショットをゴール右上に叩き込み、先制点を奪取した。

 一方、前節に首位に浮上したレアルはホームでマジョルカと対戦。1-0で迎えた後半11分、ペナルティーエリア手前でFKを獲得し、キッカーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが壁を超える完璧な軌道でゴール左上に流し込んだ。

 アーノルドとラモスはDFながらチームのフリーキッカーを任されており、世界屈指のキック精度を誇っている。そんななか、グアテマラ紙「Prensa Libre」は「どちらが最高のテクニックと定義する?」と見出しを打ち、「2人のディフェンダーによる絶妙な一撃がネットでトレンド入りとなったが、どちらが最高のテクニック?」と取り上げている。

 記事では「どちらもほぼ同じ距離で同じ位置からのFKだった。双方異なる地で決められたものだが、2ゴールとも宝石だった」とワールドクラスの直接FK弾だったと指摘している。DFながらフリーキッカーを務めているという共通点があるアーノルドとラモスだが、その正確無比なキック精度も通ずるものがあるようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ