トッテナムの“ハンド疑惑弾”、敵将が怒り露わ「あれを認めたなんて信じられない」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督がトッテナム戦での判定に不満【写真:Getty Images】
ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督がトッテナム戦での判定に不満【写真:Getty Images】

ウェストハムのモイーズ監督、失点シーンでハンド主張 「さっき確認したが…」

 デイビッド・モイーズ監督率いるウェストハムは現地時間23日、プレミアリーグ第31節でアウェーのトッテナム戦に挑んだが、0-2で敗れた。試合後、モイーズ監督はトッテナムの先制点となったゴールについて、ハンドがあったにも関わらず認められたと怒りを露わにしている。英紙「デイリー・ミラー」が伝えた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ウェストハムはハーフタイム間際、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンにゴールを決められて先制されたかに思われたが、これはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認を受けてノーゴール判定。しかし後半19分、相手MFジオヴァニ・ロ・チェルソのCKから、ウェストハムMFトマーシュ・ソーチェクの右足に当たるとそのままゴールに吸い込まれ、オウンゴールで先制点を献上した。さらに同32分、イングランド代表FWハリー・ケインに追加点を許し、ウェストハムは0-2で敗れている。

 このトッテナムの先制点に納得していないのがモイーズ監督だ。ボールはソーチェクの足に当たってゴールに入ったが、その前にトッテナムのコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスの腕を転がり落ちてハンドと主張している。

 モイーズ監督は英衛星放送「スカイ・スポーツ」の試合後のインタビューで、「今夜、VARを担当していたのは誰だ? 誰がやっていた? 誰だか知っているかい?」とコメント。VAR審判がデイビット・コート氏だったことが判明すると、「彼はあまり仕事ができないね。私は今さっき(映像を)確認したが、あれをゴールに認めたなんて信じられない」と怒りを滲ませている。

 ウェストハムは0-1で敗れた1月のシェフィールド・ユナイテッド戦で、1点ビハインドで迎えた後半、2回にわたり同点のチャンスを迎えたが、1回目はオフサイド判定でノーゴール。そして2回目はVARの結果、ハンドによりゴールが認められなかった。

 怒り心頭のモイーズ監督は、「ルールでは『ゴールにつながるハンドボールは一切認められない』となっている。シェフィールド戦では最後の最後に素晴らしいゴールが決まったのに、そのせいで認められなかった。しかし、今回のは認められたなんて」と納得できない様子だった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」