中村俊輔の「魔法の左足」 マンU戦で決めた2本の“芸術FK”、伝説の瞬間にCL公式再脚光

セルティック時代の中村俊輔にCL公式が再脚光【写真:Getty Images】
セルティック時代の中村俊輔にCL公式が再脚光【写真:Getty Images】

42歳の誕生日を迎えた中村をCL公式ツイッター日本語版が祝福

 横浜FCの元日本代表MF中村俊輔は、24日に42歳の誕生日を迎えた。プロ24年目となった今も、観る者を魅了する華麗なテクニックは健在だが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)日本語版公式ツイッターは「42歳の誕生日おめでとう」と綴るとともに、セルティック時代に出場した同大会のマンチェスター・ユナイテッド戦で決めた2本の芸術FK映像を公開。「魔法の左足」と改めて称賛の言葉を送っている。

 中村は2002年に横浜F・マリノスからイタリア1部レッジーナへ移籍。3年間のプレーを経て、05年夏にスコットランド1部セルティックと契約した。在籍4年でリーグ優勝3回、06-07シーズンには年間MVPに輝くなど、スコットランド名門のレジェンドの1人として今も高い人気を誇っている。そんなセルティック時代の中村のハイライトと言えるのが、最も輝いた06-07シーズンのCLグループステージ、ユナイテッドとの2試合で決めた2本のFKだろう。

 敵地オールド・トラッフォードでのユナイテッドとの第1節(2-3)では、約20メートルの距離から元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サールが一歩も動けない完璧な直接FK弾を叩き込み、各国メディアの度肝を抜くと、本拠地での第5節ユナイテッド戦(1-0)で再び魅せる。

 0-0で迎えた後半36分、セルティックは中央やや右のゴールから約30メートルの位置でFKを獲得。キッカーを任された中村が左足を一閃すると、ボールは壁の上を越え急激に落ちる軌道を描いてユナイテッドゴールへ。再び対峙したファン・デル・サールの懸命の横っ飛びも及ばず、ゴール右上隅を鮮やかに射抜いてみせた。この一撃が決勝点となり、中村は日本人選手として初めてCL決勝トーナメント進出を果たし、セルティックの伝説となった。

 CL公式日本語版ツイッターは、この2本のスーパーゴール動画を添えて、「魔法の左足 42歳の誕生日おめでとう #中村俊輔!」と投稿。返信欄にはファンから「芸術的」「いい思い出です」といったコメントが寄せられた。

 中村は今季J1に昇格した横浜FCで主力を務めており、2月23日に行われたヴィッセル神戸との開幕戦(1-1)にも先発出場。新型コロナウイルスの影響で約4カ月の中断となったが、7月4日の第2節北海道コンサドーレ札幌戦からリーグ再開となる。42歳となった今も輝きを失わない左足で、再び魔法の一撃を決めるのか注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング