「サブの南野がリバプールの弱点を強調」 先発抜擢の“明暗”に英紙注目「後悔する理由を立証」

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

ナビ・ケイタには高評価も、南野は右サイドで適性を見せられなかったと指摘

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リバプールの日本代表MF南野拓実はプレミアリーグ第30節のエバートン戦でリーグ戦初先発を飾ったが、ハーフタイムでの途中交代となった。英メディアは「ナビ・ケイタはリバプールにとって前途有望だった一方、南野はヴェルナー獲得失敗を後悔する理由を証明した」と見出しを打ち、リバプールの“弱点”に警鐘を鳴らしている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 今季プレミアで首位を走るリバプールは再開初戦でエバートンとの “マージーサイド・ダービー”を迎えた。ライバルとの大一番だが、エースのエジプト代表FWモハメド・サラーがコンディション不良によりベンチスタート。そして、南野が代役として3トップの右ウイングに抜擢され、移籍後初のリーグ先発を飾った。

 前半9分、右寄りの相手陣地でボールを受けた南野がドリブルで運ぶと、ペナルティーエリア外から右足を振り抜きゴールに迫る。同34分には、南野がハーフウエーライン付近での激しいプレスからボールを奪い、カウンターからブラジル代表FWロベルト・フィルミーノがビッグチャンスを迎えるも、先制点には至らなかった。

 献身的でアグレッシブなパフォーマンスを見せていた南野だが、ハーフタイムで途中交代することに。最終的にスコアレスドローに終わったが、英紙「イブニング・スタンダード」は「ナビ・ケイタはリバプールにとって前途有望だった一方、南野はヴェルナー獲得失敗を後悔する理由を立証した」と見出しを打ち、ピッチ上での“明暗”に注目している。

 この日、南野と同様に先発に抜擢されたギニア代表MFナビ・ケイタは際立ったパフォーマンスだったと称賛した一方、「サブの南野がリバプールの弱点を強調」として、「右サイドのポジションでスタートしたが、中央エリアに流れずにはいられなかった」と指摘。ワイドのポジションでは適性を見せられなかったと振り返っている。

 さらに、「アフリカ・ネーションズカップが開催されれば、来季はサラーとマネなしで長期間戦わなければならないことを念頭に置いておくべきだ。最高の3トップの一角がいないだけでも迫力が著しく削がれたならば、2人が不在の時を想像してみてほしい」と来季の陣容に警鐘を鳴らしていた。

 リバプールは今夏の移籍市場で、世界トップクラスのスピードを誇るドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの獲得に迫っていたが、最終的にチェルシー移籍が決定。リバプールの3トップは世界屈指ではあるが、1人でも欠けた場合、破壊力が大きく損なわれる“弱点”をエバートン戦では露呈してしまった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」