南野の交代は「試合前からのアイデア」 クロップ監督が説明「パフォーマンスとは関係ない」

エバートン戦に先発したリバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
エバートン戦に先発したリバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

南野はハーフタイムで途中交代となり、リバプールもエバートンにスコアレスドロー

 リバプールは現地時間21日、プレミアリーグ第30節エバートン戦で0-0と引き分けた。日本代表MF南野拓実はリーグ初先発を飾ったが、前半45分のみの出場。試合後、ユルゲン・クロップ監督は南野の早期交代について「タキのパフォーマンスとは関係ない」と強調している。

 今季プレミアで首位を走るリバプールは、再開初戦でいきなりエバートンとの“マージーサイド・ダービー”と大一番を迎えた。エースのエジプト代表FWモハメド・サラーがコンディション不良のため、南野が3トップの右ウイングに抜擢され、移籍後初のリーグ先発を飾った。

 前半9分、右寄りの相手陣地でボールを受けた南野がドリブルで運び、ペナルティーエリア外から右足を振り抜きゴールに迫る。さらに同34分、南野がハーフウエーライン付近での激しいプレスからボールを奪ったカウンターからブラジル代表FWロベルト・フィルミーノがビッグチャンスを迎えるも、先制点には至らなかった。

 献身的でアグレッシブなパフォーマンスを見せていた南野だが、ハーフタイムで途中交代。最終的にスコアレスドローに終わったが、英紙「イブニング・スタンダード」は「南野のエバートン戦での交代は計画されていた」と見出しを打ち、試合後のクロップ監督のコメントを紹介している。

「試合前から早めに交代させていくアイデアがあった。5人の交代枠を与えられている機会を使っただけさ。だが、タキは上手くプレーしていた。試合に関与していたよ。交代は、タキのパフォーマンスとは関係ない。純粋にトライしようと考えていた私のアイデアだった」

 クロップ監督は事前に南野を早い段階で交代させる計画だったことを強調しつつ、45分間で示したプレーに満足感を口にした。

 新型コロナウイルスの影響による過密日程で交代は5枠まで許されているが、クロップ監督は試合の流れに問わず、積極的に5人の交代を行っていく方針にあるようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング