冨安健洋、伊紙で一問一答 サッカーを始めたきっかけ、模範選手、日伊文化に言及

ボローニャで活躍するDF冨安健洋【写真:Getty Images】
ボローニャで活躍するDF冨安健洋【写真:Getty Images】

サッカーを始めたきっかけはチラシ 「少年の頃にはFWもやった」

 イタリア1部ボローニャの日本代表DF冨安健洋がイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビュー取材に応じ、サッカーを始めたきっかけ、守備の模範とする選手、イタリアと日本の文化など、多岐にわたる話題について語っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 冨安は昨夏にベルギーのシント=トロイデンからボローニャに加入。今季ここまでリーグ戦20試合に出場し、負傷と出場停止以外での欠場はなく、主に右サイドバックとして確固たる地位を築いている。22日に新型コロナウイルスによる中断明け初戦でユベントスと対戦するなか、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとのマッチアップを見どころの一つとして、現地メディアも注目を寄せている。

 そんななか、冨安に注目したのがイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」だ。様々な質問をぶつけて日本代表DFの素顔に迫っている。

――ボローニャに移籍して1年、サッカーとサッカー以外でどれだけ成長した?
「初めの数カ月は本当に難しかった。すぐに慣れることができなかった。戦術と準備に苦しみながら過ごした。ただボローニャのおかげで、すべて上手くいった。人間的にも成長できたし、環境にも溶け込めた」

――いつからサッカーをしていた?
「初めは水泳をしていた。5歳だった。姉たちがサッカーをしていて、僕も始めるところだった。怪我をして、水の中に入れなかった時に、家でサッカーチームのチラシを見たんだ。特別でしょう?」

 そのようにサッカーとの出会いを語った冨安。当時は「MFとして始めた。少年の頃にはFWもやった」と攻撃的なポジションでプレーしていたことを明かすと、同紙からの「来季はセンターバック(CB)という構想もあるが?」との問いには、次のように答えている。

「今は右サイドバック(SB)に慣れている。1年間、右SBとしてプレーしているからね。動きもポジショニングも習得した。でもCBに戻ることは全く問題ない」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ