アーセナルDFルイス、痛恨ミス&PK献上を猛省 「チームのせいじゃない。僕のせい」

途中出場で失点に絡み、退場となったアーセナルDFダビド・ルイス【写真:Getty Images】
途中出場で失点に絡み、退場となったアーセナルDFダビド・ルイス【写真:Getty Images】

シティ戦で前半24分から途中出場するも、決定的な2失点に絡む低調パフォーマンス

 アーセナルのブラジル代表DFダビド・ルイスは、現地時間17日に行われたプレミアリーグ第28節延期分のマンチェスター・シティ戦(0-3)の前半24分から途中出場するも、相手の先制点に関与するミスを犯したうえに、後半4分にPKを献上するファウルで一発退場となった。チームも完敗し、ルイスは「チームのせいじゃない。僕のせい」と自身のパフォーマンスを断じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 約3カ月ぶりとなる公式戦に臨んだアーセナルだったが、序盤から不足の事態に見舞われる。試合開始わずか8分でスイス代表MFグラニト・ジャカが負傷によりスペイン代表MFダニ・セバージョスと交代。さらに同24分にはDFパブロ・マリも負傷交代を強いられ、ルイスが投入された。

 そのルイスが決定的な2失点に絡んでしまう。前半アディショナルタイム2分にはシティMFケビン・デ・ブライネが右サイドからゴール前にめがけて送ったパスをクリアし切れずに後逸し、その裏に走り込んだFWラヒーム・スターリングにゴールを許した。

 後半4分にはルーズボールを拾ったアルジェリア代表MFリヤド・マフレズに振り切られ、ペナルティーエリア内に侵入されたところで背後から手をかけて倒してPKを献上。このプレーにはレッドカードが提示され、ルイスは退場処分となった。このPKをMFデ・ブライネに決められ、アーセナルのビハインドは2点に広がった。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」によると、データ分析会社「オプタ」の記録上、欧州主要リーグで途中出場から対戦相手の失点に直結するミス、PK献上、そして退場を同時に記録したのは2011年のDFイバン・コルドバ氏(当時インテル)以来約9年ぶりとなる珍記録だという。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ