「見るだけで痛い!」 久保、あわや負傷の“危険蹴り被害”に海外脚光「奇跡的に壊れず」

ビジャレアル戦にスタメン出場したマジョルカMF久保建英(右)【写真:Getty Images】
ビジャレアル戦にスタメン出場したマジョルカMF久保建英(右)【写真:Getty Images】

マジョルカはビジャレアルに0-1の敗戦 久保は先発出場も後半15分に途中交代

 マジョルカは現地時間16日、リーガ・エスパニョーラ第29節でビジャレアルと対戦し、0-1で敗れた。日本代表MF久保建英は5試合連続の先発出場となったものの、後半15分にピッチを退いている。そんななか、海外メディアは前半終了間際に久保が受けた危険なキックに注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リーグ戦は新型コロナウイルスの影響で約3カ月もの期間中断されていたが、今月11日から再開。マジョルカは13日に再開初戦でバルセロナ戦をホームに迎え、0-4と大敗を喫していた。中2日で敵地のビジャレアル戦に臨んだが、守備的な5-4-1システムで久保は右サイドハーフに配置された。

 久保がリーガ初ゴールを決めたのが前回のビジャレアル戦(第13節/3-1)だったが、リターンマッチでは前半16分に先制点を与えてしまい、直接FKやまた抜きパスなどで存在感を示すもゴールを脅かすことはできず、後半15分に途中交代。チームも2試合連続のノーゴールで連敗を喫している。

 一方、米スポーツ専門局「ESPN」は前半終了間際のワンシーンに注目している。0-1で迎えた前半アディショナルタイム、右サイドからパスを受けた久保が一度はボールを失うも、取り戻しかけた際に、相手DFパウ・トーレスがクリアしようと思い切り振り抜いた左足が久保の右足に直撃した。

 久保は苦悶の表情を浮かべてピッチに倒れ込み、危険なプレーとしてパウ・トーレスにはイエローカードが提示された。同メディアの公式ツイッターは「見るだけで痛い! 久保は強烈な蹴りをお見舞いされたが、奇跡的に壊れなかった」と文章を添え、久保がキックを受ける瞬間の写真を投稿していた。

 降格圏の18位に沈むマジョルカで孤軍奮闘している久保は、不可欠な主軸として立場を確立し始めているだけに、チームが冷や汗をかいた場面となったのは間違いないだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング