「サポートを必要としている」 久保の“孤軍奮闘”を海外記者が指摘「十分な選手が揃っていない」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

ビジャレアルに敗戦も久保の出来を評価「危険をもたらす可能性が常に高い選手」

 マジョルカは現地時間16日、リーガ・エスパニョーラ第29節でビジャレアルと対戦し、0-1で敗れた。日本代表MF久保建英は5試合連続の先発出場となったものの、降格圏に沈むチームの中で孤軍奮闘ぶりが目立っている。海外記者は「マジョルカにとって最高の選手」と称賛しつつ、「久保はもっと周囲のサポートを必要だと感じる」と周囲の環境を憂いている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リーグ戦は新型コロナウイルスの影響で約3カ月もの期間中断されていたが、今月11日から再開。マジョルカは13日に再開初戦でバルセロナ戦をホームに迎え、0-4と大敗を喫していた。中2日で敵地のビジャレアル戦に臨んだが、守備的な5-4-1システムで久保は右サイドハーフに配置された。

 久保がリーガ初ゴールを決めたのが前回のビジャレアル戦(第13節/3-1)だったが、リターンマッチでは前半16分に先制点を与えてしまい、直接FKやまた抜きパスなどで存在感を示すもゴールを脅かすことはできず、後半15分に途中交代。チームも2試合連続のノーゴールで連敗を喫している。

 そんななか、米スポーツ専門局「ESPN」で記者を務めるデイビッド・カートリッジ氏は公式ツイッターで「久保が新たに印象的な試合を演じた。残念ながらコンディションの問題により60分でピッチを退いたが、マジョルカにとって最高の選手であり、危険をもたらす可能性が常に高い選手であるように見えた」と久保に称賛の言葉を送っている。

 一方で、久保を取り巻く環境については「久保はもっと周囲のサポートを必要だと感じる。孤立している時間が多く、連係で崩すうえで十分な選手が揃っていない。ボールタッチやビジョンは常にスマートなのに」と指摘。守備意識の強いチームとはいえ、パスワークで崩すことに長けた久保にとっては難しい状況だという見解を示していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング