元V川崎ペレイラが語る日本での「心に刻まれている瞬間」 異国で知った一から作る喜び

ヴェルディ川崎時代のペレイラ【写真:Getty Images】
ヴェルディ川崎時代のペレイラ【写真:Getty Images】

【あのブラジル人元Jリーガーは今?】ペレイラ(V川崎、札幌):後編――1994年はCBで年間MVP受賞

 1992年にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)に加入したDFペレイラは、93~94年に達成したJリーグ連覇のキーマンの1人として貢献。96年に移籍したコンサドーレ札幌(当時JFL)では、「北海道からJリーグチームを」を合言葉に誕生したばかりのチームを支え、“ミスター・コンサドーレ”と呼ばれた。状況も環境もまったく異なる二つのチームで、センターバックとしてプレーした日々を、ペレイラは今も懐かしそうに思い出す。

「僕が日本に行ったのは、Jリーグ開幕(1993年)の前年。その劇的な変化の前後に立ち会えたことで、Jリーグが日本サッカーにとってどんな意味を持つものなのかが、よく理解できたつもりだ。当時から、日本のクオリティーは高かったよ。特に、ヴェルディには驚かされた。実質、日本代表の半分がヴェルディにいたようなもので、柱谷(哲二)、ラモス(瑠偉)、カズ(三浦知良)、北澤(豪)……。パスワークなんて、ブラジルのチームみたいだった」

 4年間在籍したV川崎で、心に刻まれる瞬間をペレイラに訊いた。

「まずは1993年のJリーグ開幕戦(横浜マリノス)だ。スタジアムを覆う高揚感、あの華やかなショー。ピッチに入る前、ここから歴史が始まるんだっていうのを感じて、身震いしていたんだ。僕らはJリーグ初代優勝チームとなった、1993年のチャンピオンシップも忘れられない。知らない国に来て、その国の文化に溶け込みながら、勝利を義務づけられたクラブで仕事をした。しかも、プロ化1年目のタイトルだからね。

 それから、1994年のJリーグ年間最優秀選手賞(MVP)受賞。たくさんの有名な選手、ブラジルやイタリア、他にも各国の代表選手がいて、あの年のワールドカップに出場した選手たちもいた中でだった。しかも、僕はセンターバック。このポジションでこういう賞をもらえるなんて、想像したことすらなかったよ」

 当時、Jリーグの試合がブラジルのテレビでも見ることができたこともあり、ペレイラの活躍は母国でも話題となった。今でもブラジルの人々には、バイーアやグアラニーでのプレーだけではなく、“日本で成功したペレイラ”という印象も強い。

藤原清美

2001年にリオデジャネイロへ拠点を移し、スポーツやドキュメンタリー、紀行などの分野で取材活動。特に、サッカーではブラジル代表チームや選手の取材で世界中を飛び回り、日本とブラジル両国のテレビ・執筆などで活躍している。ワールドカップ6大会取材。著書に『セレソン 人生の勝者たち 「最強集団」から学ぶ15の言葉』(ソル・メディア)『感動!ブラジルサッカー』(講談社現代新書)。YouTube『Planeta Kiyomi』も運営中。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」