元V川崎ペレイラが語る日本での「心に刻まれている瞬間」 異国で知った一から作る喜び

ヴェルディ川崎時代のペレイラ【写真:Getty Images】
ヴェルディ川崎時代のペレイラ【写真:Getty Images】

【あのブラジル人元Jリーガーは今?】ペレイラ(V川崎、札幌):後編――1994年はCBで年間MVP受賞

 1992年にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)に加入したDFペレイラは、93~94年に達成したJリーグ連覇のキーマンの1人として貢献。96年に移籍したコンサドーレ札幌(当時JFL)では、「北海道からJリーグチームを」を合言葉に誕生したばかりのチームを支え、“ミスター・コンサドーレ”と呼ばれた。状況も環境もまったく異なる二つのチームで、センターバックとしてプレーした日々を、ペレイラは今も懐かしそうに思い出す。

「僕が日本に行ったのは、Jリーグ開幕(1993年)の前年。その劇的な変化の前後に立ち会えたことで、Jリーグが日本サッカーにとってどんな意味を持つものなのかが、よく理解できたつもりだ。当時から、日本のクオリティーは高かったよ。特に、ヴェルディには驚かされた。実質、日本代表の半分がヴェルディにいたようなもので、柱谷(哲二)、ラモス(瑠偉)、カズ(三浦知良)、北澤(豪)……。パスワークなんて、ブラジルのチームみたいだった」

 4年間在籍したV川崎で、心に刻まれる瞬間をペレイラに訊いた。

「まずは1993年のJリーグ開幕戦(横浜マリノス)だ。スタジアムを覆う高揚感、あの華やかなショー。ピッチに入る前、ここから歴史が始まるんだっていうのを感じて、身震いしていたんだ。僕らはJリーグ初代優勝チームとなった、1993年のチャンピオンシップも忘れられない。知らない国に来て、その国の文化に溶け込みながら、勝利を義務づけられたクラブで仕事をした。しかも、プロ化1年目のタイトルだからね。

 それから、1994年のJリーグ年間最優秀選手賞(MVP)受賞。たくさんの有名な選手、ブラジルやイタリア、他にも各国の代表選手がいて、あの年のワールドカップに出場した選手たちもいた中でだった。しかも、僕はセンターバック。このポジションでこういう賞をもらえるなんて、想像したことすらなかったよ」

 当時、Jリーグの試合がブラジルのテレビでも見ることができたこともあり、ペレイラの活躍は母国でも話題となった。今でもブラジルの人々には、バイーアやグアラニーでのプレーだけではなく、“日本で成功したペレイラ”という印象も強い。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング