「退団した時、20分間も泣いた」 香川、名将クロップとの“特別な師弟関係”に海外脚光

ドルトムント時代のクロップ監督(左)と香川真司【写真:Getty Images】
ドルトムント時代のクロップ監督(左)と香川真司【写真:Getty Images】

香川がドルトムントからマンUへ移籍した際のクロップの様子を回想「香川と流した涙」

 サラゴサMF香川真司とリバプールのユルゲン・クロップ監督は、かつてドルトムントで共闘し、黄金期を築いた。2人の師弟関係は日本だけでなく世界でも注目を浴びていたが、海外メディアは「香川と流した涙」と題し、両者の特別な関係を回想している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 香川がワールドクラスの選手として飛躍を遂げたのが、クロップ体制下のドルトムントだった。2010年7月にセレッソ大阪から移籍すると、加入1年目から不動のトップ下に定着し、ブンデスリーガ制覇に貢献。翌シーズンもリーグとDFBポカールで優勝し、クラブ史上初となる国内2冠の立役者となった。

 2012年に香川がマンチェスター・ユナイテッドへと移籍したため、クロップ監督とは別の道を歩むことになったが、イタリアメディア「カルチョ・ウェブ」は「香川と流した涙」と見出しを打ち、香川がドルトムントを去った際、ともに涙を流し合った瞬間を振り返っている。

「クロップは少なくとも2回、涙を流している。1度目は(現役時代から)18年間にわたり在籍したマインツを去った瞬間、そして2度目は香川がユナイテッドへと旅立っていった瞬間だ。香川が退団した時、彼は20分間も泣いた。2人で一緒に泣いた」

 香川はその後、14年にドルトムントへと帰還し、2015年にクロップ監督が退任するまで1年間の再会を果たすことができた。現在はスペインとイングランドにそれぞれ活躍の場を移しているが、ドイツで築き上げた両者の師弟関係は特別なものだった。


(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ