鹿島元“10番”の天才的スルーワンツー&ヒールパス再脚光で元同僚称賛 「センスの塊」

元鹿島アントラーズMF本山雅志【写真:Getty Images】
元鹿島アントラーズMF本山雅志【写真:Getty Images】

元日本代表FW田代氏が天才的な閃きのプレーに脱帽

 鹿島アントラーズは前人未到の20冠を誇るなど、Jリーグ随一の強豪として知られる。数々の名選手、スターを生み出してきたなかで、クラブ公式ツイッターは歴代のスーパーゴールから、「鮮やか連係プレー」にフォーカスして厳選。元10番の天才的なヒールパスにかつての同僚も「センスの塊」と脱帽している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「華麗なコンビネーションの数々!」

 鹿島公式ツイッターは、鮮やかな連係からのスーパーゴールを11個厳選。1996年5月のJリーグ第15節・横浜フリューゲルス戦のFWマジーニョのヘディング弾にはじまり、1998年11月のJリーグ サントリーチャンピオンシップ第1戦・ジュビロ磐田戦のFW長谷川祥之、2001年11月のJ1リーグ2ndステージ第14節・東京ヴェルディ戦のFW柳沢敦のゴールなどが並ぶなか、2005~09年、11年に在籍した元日本代表FW田代有三氏が反応したのが2010年10月のJ1リーグ第27節・横浜F・マリノス戦(2-0)の前半39分に生まれたゴールだ。

 敵陣でこぼれ球を拾った元日本代表MF小笠原満男がペナルティーアーク後方の元日本代表MF本山雅志へ縦パス。左右から相手がプレッシャーをかけにくるなか、10番を背負うテクニシャンはノールックの右足ヒールで背後のスペースに流し、日本代表FW興梠慎三(現・浦和レッズ)がダイレクトでシュートをゴール左下に突き刺した。

 本山は直後に収録されている2012年7月のJ1リーグ第19節・サンフレッチェ広島戦では、パスを受けると見せかけてスルーし、そのままスペースに流れて小笠原の縦パスをダイレクトで折り返して日本代表FW大迫勇也(現・ブレーメン)のゴールを演出。田代氏は「本山さん天才!! 満男さんとのスルーワンツーとヒールパスとかセンスの塊」と脱帽しており、ファンも「本山選手はさすが鹿島の10番というアシストばかり」と称えていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ