韓国代表GK、なぜ日本から母国復帰? 理由を告白「優先順位が金銭ならナンセンス」

Kリーグ大邱FCに移籍した韓国代表GKク・ソンユン(※写真は札幌時代のもの)【写真:小林 靖】
Kリーグ大邱FCに移籍した韓国代表GKク・ソンユン(※写真は札幌時代のもの)【写真:小林 靖】

シーズン途中の5月、GKク・ソンユンが札幌から大邱FCへ完全移籍

 韓国代表GKク・ソンユンが、5月29日にJ1北海道コンサドーレ札幌から韓国・Kリーグの大邱FCへ完全移籍した。その背景には兵役義務以外の譲れない理由もあったようだ。ク・ソンユンは「僕の優先順位が金銭なら、Kリーグ復帰はナンセンスだった」と明かしてる。韓国紙「ジュンアン・イルボ」の英語版「コリア・ジュンアン・デイリー」が伝えた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 25歳のク・ソンユンは2012年にセレッソ大阪U-18に加入すると、同年には2種登録選手としてトップチームに登録。翌13年から正式に加入し、14年まで在籍したが出場機会は訪れなかった。転機は15年の札幌移籍だ。同年のJ2リーグ開幕戦栃木SC戦で念願のJリーグデビューを飾ると、33試合に出場。以降も正守護神に君臨し、数々のスーパープレーを披露してきた。

 2月22日のJ1リーグ開幕節・柏レイソル戦(2-4)でも先発フル出場していたク・ソンユン。開幕前には契約更新も発表されていたが、5月29日に突如、大邱FCへの完全移籍が発表された。

 韓国人GKは札幌の公式サイトを通じて、「今シーズン、頑張って皆さんと一緒に戦って、チームの目標であるACLやリーグタイトルを目指して頑張りたかったのですが、自分には国の義務があります。早く戻ってきたいという思いがあり、予定より早く帰国することに決めました」とコメントしていた。

 母国の兵役義務が影響している点に触れつつ、「自分の人生が180度変わるくらい、いろんなことがありました。この6年間は忘れません。ありがとうございました」と感謝の言葉を残している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング