バルサ守護神、久保”遮断”のマジョルカ戦でパス成功率94% GK記録更新「エキサイティング」

バルサGKテア・シュテーゲン【写真:Getty Images】
バルサGKテア・シュテーゲン【写真:Getty Images】

マジョルカ戦で神セーブ連発…久保の好機も防ぐ

 バルセロナのドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは現地時間13日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節マジョルカ戦(4-0)でパス総数68本中64本を成功させ、パス成功率94%のスタッツを記録した。地元紙「スポルト」はマジョルカの日本代表MF久保建英のシュートを好セーブで防いだ守護神に称賛を送っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リーガ・エスパニョーラは今週から約3カ月ぶりに再開され、バルセロナは敵地でマジョルカと対戦した。チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの先制ゴールを皮切りに、大量4ゴールを奪って快勝を収めた。

 久しぶりの公式戦となったが、この試合でも安定感あるプレーを披露したのが守護神のテア・シュテーゲンだ。データ分析会社「Opta」のデータによれば、ドイツ代表GKはパス68本中64本成功とパス成功率94%を記録。2005-06シーズン以降でGKとしての記録を更新したという。

 テア・シュテーゲンはこの試合で日本代表MF久保のシュートを好セーブで防ぐなどマジョルカの攻撃をシャットアウト。記事では「テア・シュテーゲンはタケ・クボのシュートをストップしたが、彼のフットワークこそが最もエキサイティングで、チームにとって有益な試みだった」と足元の技術の高さに称賛が送られた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」