久保建英、バルサ戦で示した“ある振る舞い”に現地注目「目安となる立場を掴んだと証明」

マジョルカのFKで同僚セビージャと共にゴールを見据える久保建英(左)【写真:Getty Images】
マジョルカのFKで同僚セビージャと共にゴールを見据える久保建英(左)【写真:Getty Images】

同僚MFセビージャと言葉をかわし、久保がFK担当 「ボールを手にし、放そうとはしなかった」

 マジョルカは現地時間13日、リーガ・エスパニョーラ第28節でバルセロナと対戦し、0-4で大敗を喫した。日本代表MF久保建英は“古巣対決”となる一戦に先発フル出場を果たし、強烈な左足のミドルシュートなどで存在感を示した。そんななか、現地メディアは久保の“ある振る舞い”に注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 昨夏にレアル・マドリードと契約した久保は、開幕直後にマジョルカへ期限付き移籍。ここまでリーグ戦3ゴールを記録していたが、新型コロナウイルスの影響により3月中旬からシーズンが中断した。感染拡大が落ち着いたことから11日にリーグ戦が無観客試合で再開され、マジョルカは13日の再開初戦でバルセロナをホームに迎え撃った。

 開始早々の2分に痛恨の被弾を喫するも、0-1で迎えた前半22分、右サイドでボールを受けた久保が力強いドリブルからカットインで対面していたDFロナルド・アラウホを振り切り、左足を一閃。ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの好セーブに遭うも、バルセロナのゴールを脅かした。

 前半30分にはゴール正面の位置でFKを獲得すると、ボールを拾ったのは久保だった。これまでキッカーを務めてきたMFサルバ・セビージャと言葉をかわすと、久保が自らボールをセット。そのまま左足を振り切ったが、低弾道のシュートはまたしてもテア・シュテーゲンに阻まれることになった。

 この場面を受け、スペイン地元紙「Diario de Mallorca」は「この日本人はテア・シュテーゲンに2、3度の試練を与えた。そのうちの一つはセビージャが蹴るはずだったFKだ。彼はボールを手にし、放そうとはしなかった。彼が目安となる立場を掴んだことを証明した」と説明。久保のFKのシーンに注目を寄せていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ