インハイ得点王の貫禄! 広島MF清水航平が存在感、“50mスーパーロング弾”に反響

サンフレッチェ広島MF清水航平(※写真は昨年ACL時のものです)【写真:Getty Images】
サンフレッチェ広島MF清水航平(※写真は昨年ACL時のものです)【写真:Getty Images】

13日に鳥取とトレーニングマッチを実施、MF清水の驚愕ゴール映像をクラブが公開

 J1サンフレッチェ広島が13日にJ3ガイナーレ鳥取とトレーニングマッチを実施し、広島MF清水航平がセンターサークルから約50メートルのスーパーロングシュートを叩き込み、「凄いシュート」「さすがインハイ得点王!」と話題を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 新型コロナウイルスの影響でJリーグは開幕戦直後に中断。緊急事態宣言の解除などを受けて、各クラブは入念なウイルス対策を講じつつトレーニングを再開していたなか、リーグ戦は6月27日からJ2とJ3リーグ、7月4日からJ1リーグが開催予定となっている。

 2月23日のJ1リーグ開幕節・鹿島アントラーズ戦で3-0と快勝していた広島は、シーズン再開に向けて今月13日に広島広域公園第一球技場でトレーニングマッチを実施。鳥取と45分×4本を行い、4本トータルで7-1と広島が勝利した。

 この一戦でFW永井龍がハットトリックと活躍し、FW鮎川峻、MF川辺駿、MF柴﨑晃誠がそれぞれ1ゴールを決めたなか、注目を集めているのは4本目で生まれた清水の驚愕ゴールだ。

 広島がクラブ公式ツイッターでトレーニングマッチの詳細を伝え、「YouTubeLive未公開シーンを特別にご紹介」と記して1本の動画を公開。「清水航平選手のスーパーロングシュート!!」と紹介した。

 映像では、鳥取が自陣からカウンターを発動しようとするシーンから始まる。相手のビッグチャンスになるかと思われた次の瞬間、絶妙な出足でボールをカットした清水が攻撃を食い止めると、センターサークル内から右足を一閃。大きな弧を描いた一撃は相手GKの頭上を越え、見事にネットを揺らした。

 この映像に「凄いシュート」「公式戦で待ってるよ!航平!」とファンが反応。また、東海大学付属第五高校時代の2006年にインターハイ得点王に輝いた経歴に触れ、「さすがインハイ得点王!」と称賛の声も上がっている。観客がいれば大歓声必至の50メートル弾に驚きが広がっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング