日本の悲劇は“名将の抗議”が招いた? 元豪州代表FW、ドイツW杯初戦の秘話を告白

試合終盤、同点ゴールを決めたオーストラリア代表FWティム・ケーヒル【写真:Getty Images】
試合終盤、同点ゴールを決めたオーストラリア代表FWティム・ケーヒル【写真:Getty Images】

2006年W杯日本戦でゴールを決めたアロイージ氏、当時の舞台裏を明かす

 オーストラリアがワールドカップ(W杯)初勝利を飾った2006年ドイツW杯グループリーグ第1戦の日本戦(3-1)について、アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトが特集記事を掲載し、そのなかで当時オーストラリア代表の一員としてピッチに立ち1ゴールを決めたFWジョン・アロイージ氏が、同試合でのエピソードを明かしている。

 オセアニア代表としてウルグアイとの大陸間プレーオフを制して32年ぶりの本大会出場を果たしたオーストラリアは、グループリーグ初戦でジーコ監督が率いる日本と対戦。序盤からFWマーク・ヴィドゥカやMFハリー・キューウェルらを中心に優位に試合を進めるが、先制点を決めたのは日本だった。

 前半26分、MF中村俊輔が右サイドからゴール前にボールを送ると、飛び出したオーストラリアのGKマーク・シュウォーツァーがFW柳沢敦とFW高原直泰と交錯。日本側のファウルにも見えたが主審の笛は鳴らず、ボールはそのままゴールに吸い込まれ、日本が思わぬ形で先制する。グループリーグ突破のためには日本戦での勝利が絶対条件だっただけに、スタメンを外れていたアロイージ氏もベンチで試合を見守りながら「難しい状況に追い込まれた」と感じていたという。

 後半に入っても日本の粘り強い守備の前に攻めあぐねていたオーストラリアは、後半29分にアロイージ氏を投入。前線の人数を増やして攻勢に打って出ると、同39分にゴール前での競り合いによるこぼれ球をFWティム・ケーヒルが押し込み、終盤で同点に追いつく。

 しかし直後の同40分、ケーヒルがDF駒野友一を自陣ペナルティーエリア内でタックルによって倒してしまう。PK判定かと思わる微妙なシーンだったが、主審はファウルを取らなかった。この判定を巡っては試合後に、FIFA関係者が「主審のミス」と発言したと報じられるなど、同試合の勝敗を分ける決定的な場面となった。

 アロイージ氏も、この場面について「あれはペナルティーキックに値するものだった」と振り返るが、同氏にはレフェリーがPKを与えなかったジャッジに思い当たるふしがあるようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  7. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  8. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」