「バルセロナに圧力かけた」 久保、強烈ミドルに現地注目「並外れたドリブルとカットイン」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

マジョルカはバルセロナに0-4大敗も…久保がゴールに迫る強烈ミドルで存在感示す

 マジョルカは現地時間13日、リーガ・エスパニョーラ第28節でバルセロナと対戦し、0-4で大敗を喫した。日本代表MF久保建英は“古巣対決”で先発フル出場を果たし、強烈な左足のミドルシュートで存在感を示した。スペインメディアも「並外れたドリブルとカットインからカーブショットを放った」と注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 昨夏にレアル・マドリードと契約した久保は、開幕直後にマジョルカへ期限付き移籍。ここまでリーグ戦3ゴールを記録していたが、新型コロナウイルスの影響により3月中旬からシーズンが中断した。感染拡大が落ち着いたことから11日にリーグ戦が無観客試合で再開され、マジョルカは13日の再開初戦でバルセロナをホームに迎え撃った。

 久保にとっては下部組織時代に在籍したバルセロナとの“古巣対決”となり、4-4-2システムの右サイドハーフに配置された。開始1分でチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルにヘディング弾を叩き込まれるも、0-1で迎えた前半22分に久保が輝きを放ち、バルセロナのゴールを脅かす。

 右サイドでボールを受けた久保は、スピードに乗ったドリブルを敢行。対面していたDFロナルド・アラウホを鋭いカットインで振り切りシュートコースを生み出すと、ペナルティーエリア手前から力強く左足を振り抜いた。強烈なミドルシュートは枠を捉えるも、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの好セーブに阻まれた。

 最終的に4失点の大敗を喫したが、スペインメディアは久保の惜しい一撃に注目。スペイン紙「AS」は「久保の一撃がテア・シュテーゲンのセーブを強制した。並外れたドリブルとカットインからカーブショットを放った」と取り上げると、スペイン紙「ラ・バングアルディア」も「クボは勘弁だ! 日本人の迫りくるシュート」と綴っている。

 スペインメディア「MILENIO」は「元バルセロナの久保がバルセロナに圧力をかけ、同点弾に迫った」と描写。昨年12月に敵地カンプ・ノウで行われた初対決(2-5)でも先発出場した久保は、“古巣”バルセロナにまたしても格の違いを見せつけられたが、ゴールを脅かす存在感は示すことができたようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング