元バルサFWアンリが明かす、衝撃のCL決勝秘話 「ヒザが曲がらない状態だった」

CL優勝が決まり喜ぶ、2009年当時のバルサFWティエリ・アンリ【写真:Getty Images】
CL優勝が決まり喜ぶ、2009年当時のバルサFWティエリ・アンリ【写真:Getty Images】

娘の誕生日に行われた特別な一戦、「しっかりスプリントすることもできなかった」

 バルセロナは2009年のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、マンチェスター・ユナイテッドを破り、通算3度目の欧州王者に輝いた。この試合にバルセロナの一員として出場していた元フランス代表FWティエリ・アンリ氏は、クラブに偽って負傷を押して出場したことを明かした。スペイン紙「スポルト」が伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ローマで開催された決勝では、元カメルーン代表FWサミュエル・エトオとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがゴールを決め、バルセロナが2-0で勝利した。

「負傷を抱えてプレーした試合の数は忘れたけれど、あの決勝は私にとって、とても特別だった。人々は知らないかもしれない。でも、あの日は私の娘の誕生日で、僕はみんなが知っているように、CLで優勝したことがなかった」と、特別な日の一戦を振り返った。

 そして「僕は戦うために来ていた。そして、6つ目のタイトルを取ろうとしていた。でも、僕は膝を曲げられないような状態で、しっかりスプリントすることもできなかった。それでも単純に、プレーしないといけなかったんだ。プレーできる状況だったか? そうではなかったと思う。チームの助けになったか? そう願うよ。とにかく僕は、あそこにいたんだ」と、万全とは遠い状態でピッチに立ったことを明かしている。

 アンリ氏は「僕は可能な限り、全力でプレーした。クラブには『いけるか?』と聞かれて、僕は『イエス』って答えていたからね。『OKではない』ということは、絶対にできなかった。そういうものだからね」と、自身の持っていた罪の意識を告白した。

 欧州王者になったこの時のチームは、今でもファンの間で語り草となっている。「人々は今でも2009年のバルサについて語っている。私は歴史の一部になれたことを、とても嬉しく思っているよ。僕はCLに勝つことができたし、僕にはそのタイトルが欠けていた。月にも上る気持ちだったし……ついに!という感じだったね。同時に私にとってのエンディングのようだったから、不思議な気持ちだったよ」と、10年以上前のことを振り返った。

 翌2009-10シーズンは低調なパフォーマンスに終わったアンリ氏は、そのシーズン後にアメリカのニューヨーク・レッドブルズに移籍。2014年を最後に現役から引退した。ベルギー代表のアシスタントコーチ、モナコ監督を経て、2019年からモントリオール・インパクトを率いている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」