プレミア最高の左SBは? 英紙がトップ5選出、1位は「疑問を挟む余地なし」と断言

(左から)ベン・チルウェル、エンダ・スティーブンス、ルーク・ショー、リュカ・ディニュ、アンドリュー・ロバートソン【写真:Getty Images】
(左から)ベン・チルウェル、エンダ・スティーブンス、ルーク・ショー、リュカ・ディニュ、アンドリュー・ロバートソン【写真:Getty Images】

英紙「ザ・サン」がランキングを発表

 世界最高峰のイングランド・プレミアリーグの中で、最高の左サイドバック(SB)は誰なのか――。英紙「ザ・サン」がトップ5のランキングを公開。現役イングランド代表DFから元バルセロナDFが名を連ねるなかで、リバプール不動のレギュラーがナンバー1の座に輝いた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 5位に入ったのは、シェフィールド・ユナイテッドのアイルランド代表DFエンダ・スティーブンス。ビッグクラブでのプレー経験はないが、堅実なプレーが光る29歳のベテランで、今季リーグ7位と躍進するチームを支えている。DFダニー・ローズ(ニューカッスル)やDFマルコス・アロンソ(チェルシー)、DFライアン・バートランド(サウサンプトン)といった実力者を抑えてのランクインとなった。

 4位はマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFルーク・ショー。若手育成に定評のあるサウサンプトンで10代の頃にプロデビューを飾り、当時から大きな注目を集めていたショー。一時期ユナイテッドでも出場機会を失っていたが、やはり実力はプレミアでもトップクラスだ。

 3位はエバートンでプレーするフランス代表DFリュカ・ディニュ。フランスのパリ・サンジェルマン、イタリアのローマで実績を積み、2016年から18年まではスペインのバルセロナに在籍するなどビッグクラブを渡り歩いた経歴を持つ。セットプレーのスペシャリストとしても知られる攻撃的なサイドバックだ。

 2位はチェルシーなどメガクラブ移籍が噂されるレスター・シティのイングランド代表DFベン・チルウェルだ。記事では、現在のイングランド代表でナンバー1と評価されている。23歳で、さらなる成長に大きな期待を寄せられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  4. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」