「地球外生物か?」 ボアテングが決めた“美技ドライブ弾”の反響拡大「度肝を抜く一撃」

ベジクタシュの元ガーナ代表MFケビン=プリンス・ボアテング【写真:Getty Images】
ベジクタシュの元ガーナ代表MFケビン=プリンス・ボアテング【写真:Getty Images】

ベジクタシュMFボアテングが練習で披露したスーパーゴールに世界が驚き「度肝を抜く一撃」

 トルコ1部ベジクタシュに在籍する元ガーナ代表MFケビン=プリンス・ボアテングが、トレーニング中に披露したアクロバティックな超絶ドライブシュートが話題を呼んでいるが、「地球外生物か?」「センセーショナルな連続テクニック」と世界で反響が拡大している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ACミランやバルセロナなど、世界屈指のビッグクラブでプレーした経験を持つボアテングは、昨夏フィオレンティーナに移籍。今年1月にベジクタシュへ半年間の期限付き移籍をしている。新型コロナウイルスの影響でリーグは中断していたが、12日から再開した。

 ベジクタシュは13日にアンタルヤスポルとの対戦を控えており、試合に向けて練習に励むなか、ボアテングは自身の公式ツイッターを更新。シュート練習の場面で、ゴール横からパントキックで蹴られた低空のボールを右足ヒールでトラップすると、反転しながら浮き上がったボールに対して右足を振り抜き、ゴール左上に突き刺した。

 巧みなトラップから一度もボールをピッチに落とさず、ゴール前で急激に落下するドライブシュートを放った一連のプレーが話題を呼んでいるが、その反響は世界でさらに拡大しているようだ。スペイン紙「マルカ」は、「ボアテングは地球外生物なのか?」と見出しを打つと、フランスメディア「onze」は「ボアテングのセンセーショナルな連続テクニック」と大々的に取り上げている。

 また、米スポーツ専門局「ESPN」も、公式インスタグラムで「度肝を抜く一撃」と投稿しており、ボアテングがトレーニング中に見せたスーパーゴールは世界を驚かせていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ