韓国サッカー、「首筋鷲掴み」乱闘騒動 軽率行為に現地紙が苦言「努力が一瞬で崩壊」

新型コロナ感染防止に努める韓国サッカーのカップ戦で‟問題“が勃発(写真はイメージ)【写真:Getty Images】
新型コロナ感染防止に努める韓国サッカーのカップ戦で‟問題“が勃発(写真はイメージ)【写真:Getty Images】

韓国の試合で乱闘騒動が勃発、コロナ感染防止に努めるなかでの出来事に現地紙が注目

 韓国で行われた6日のFAカップ2回戦の華城FC対大田コレイルの一戦で、危険タックルを発端に乱闘騒動が勃発した。新型コロナウイルスの感染防止に努めるなかでのもみ合いに、「万が一の事態に備えた努力が一瞬で崩壊した」と韓国紙「韓国日報」が苦言を呈している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合は2-2のまま延長戦にもつれ込み、華城FCが3-2とリードして迎えた試合終了間際に問題のシーンが起きた。直前からラフプレーが連続していたなか、大田コレイルの選手が華城FCの選手に対して危険なタックルをお見舞い。これをきっかけに両軍の選手やスタッフがピッチ内になだれ込み、乱闘騒動が勃発している。

「韓国日報」は「両チームがもみ合いを繰り広げる状況が生まれた。マスクを下げたり、脱ぎ捨てたまま、お互いを押しのけて口論を繰り広げ、一部のスタッフが相手選手の首筋を鷲掴みにした」と報じた。

 ここで問題視されているのは、乱闘騒動による新型コロナウイルスの感染リスクであり、この試合に向けた感染防止策が水泡に帰した点だ。

「関係者を制限するなど、大韓サッカー協会が用意した感染防止の努力を完全に潰す事例であり、切なさは大きい。各チームが製作したマスクを着用し、取材陣を含めてすべての人が体温測定などを実施するなど、万が一の事態に備えた努力が一瞬で崩壊した」

 KFA(大韓サッカー協会)のライブ用YouTubeチャンネルでは、この乱闘騒動を収録した試合映像を公開。両軍の選手とスタッフが小競り合いを起こし、近距離でもみ合う様子も捉えられている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」