「勝つのはどっち?」 岡崎慎司、“バランスボール相撲”でコミカルな転倒…クラブ公式が公開

ウエスカでの練習風景で岡崎慎司が登場【写真:SD Huesca】
ウエスカでの練習風景で岡崎慎司が登場【写真:SD Huesca】

ウエスカが練習の様子を公式ツイッターで公開

 FW岡崎慎司が所属するウエスカが公式ツイッターを更新した。世界中で影響が拡大した新型コロナウイルスだが、現在は各国でリーグ再開の目途が立っている。ウエスカも12日の再開を目指してピッチで練習に励んでおり、岡崎が汗を流す様子を公開している。

 岡崎は今季、4年間プレーしたプレミアリーグのレスターを離れて、自身の希望だったスペイン挑戦を決断。一度はスペイン2部マラガへの移籍が決定したが、クラブの財政面の不備によって選手登録ができず、契約解除となって昨年9月4日にウエスカへ加入した。新天地でも26試合8点をマークしており、存在感を放っている。

 だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、3月中旬からリーグ戦は中断。被害が深刻化していたスペインでは、外出禁止令などが出され、厳しい状況の中で自宅待機を強いられた。それでも、スペインリーグは6月中旬から再開が決定。各クラブは練習をスタートさせており、ウエスカは現地時間12日に岡崎の”古巣”マラガと対戦予定となっている。

 そんななか、ウエスカは公式ツイッターで練習中の動画を公開。同僚のMFエウヘニ・バルデラマと、”バランスボール相撲”に取り組み、ダッシュするというトレーニングに臨む様子を投稿した。動画では、バランスボールを背中で押し合い、合図とともにダッシュする岡崎だが、同僚の押しに耐えられず転倒。ダッシュで遅れてしまう”コミカル”なシーンとなっている。

 ツイッターでは「勝つのはどっち?」と、綴られ岡崎も反応。焦る表情と泣き笑いの絵文字で思わぬ脚光に対してユニークに返信している。週末に迫った再開戦だが、チームの雰囲気は上々のまま迎えられそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング