久保建英は「バルサから許しを得るのは難しい」 贔屓紙が“禁断の移籍”に改めて言及

現在マジョルカにレンタル中の久保について、バルサ贔屓紙が禁断の移籍を回顧【写真:Yukihito Taguchi】
現在マジョルカにレンタル中の久保について、バルサ贔屓紙が禁断の移籍を回顧【写真:Yukihito Taguchi】

バルサ下部組織「ラ・マシア」で育つも、宿敵レアルと2019年夏に契約

 マジョルカは現地時間13日、リーグ再開初戦で本拠地に首位バルセロナを迎え撃つ。日本代表MF久保建英にとっては“古巣”との対決になるが、バルサ贔屓紙が「クボ、白の将来を担う“メイド・イン・ラ・マシア”の製品」と注目している。

 バルセロナの下部組織「ラ・マシア」出身の久保は、2015年3月に帰国してFC東京の下部組織に所属。16年にJ3リーグでJ史上最年少記録を更新し、翌年11月にはFC東京のトップチームとプロ契約を結んだ。

 2019年夏にFC東京から名門レアル・マドリードへ完全移籍し、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げると、一度はベンチスタートに降格するも再びスタメンの座をつかみ、リーグ戦24試合で3得点2アシストを挙げている。

 新型コロナウイルスの影響で中断していたシーズンの再開初戦は本拠地バルセロナ戦。古巣と2度目の対戦となる。バルセロナ贔屓で知られるスペイン紙「スポルト」は、「クボ、白の将来を担う“メイド・イン・ラ・マシア”の製品」と出して特集している。

「タケフサ・クボの勇気は証明されている。バルセロナからマドリードへ移るのを踏み切る人間はほとんどいない。それは昨夏のマーケットで間違いなく最も物議を醸した移籍だった。バルサはクボのことを欲しがっていたが、その額は永遠のライバルが出したものではなかった。レアル・マドリードはラ・マシアで成長してきた偉大な日本の有望株を獲得した。(バルサにとっての)地元製品はリスクのある選択肢を選んだ。クラブ・ブランコが抱える攻撃陣の顔ぶれを見ればそれはなおさらということになる」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング