「日の出る国からやってきた」 長谷部の偉業達成に現地絶賛「なんて象徴的なんだ!」

フランクフルトMF長谷部誠がブンデス「アジア人最多出場記録」更新【写真:Getty Images】
フランクフルトMF長谷部誠がブンデス「アジア人最多出場記録」更新【写真:Getty Images】

アジア人のブンデス最多出場記録を更新 「新たなレコードブレーカーになった」

 元日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトは現地時間6日、ブンデスリーガ第30節でマインツと対戦し、0-2で敗れた。長谷部はリーグ通算309試合出場となり、アジア人最多出場記録を更新し、海外メディアは日本のマエストロに「なんて象徴的な存在なんだ!」と大々的に取り上げている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 長谷部は2014年にフランクフルトに加入し、3バックシステムのリベロとして不動の地位を築いた。18年にアディ・ヒュッター監督が就任して以降も主軸として守備陣を支えたが、今季序盤戦でチームは不振に陥り、4バックシステムへ変更。それにより長谷部は出番を失い、一時はベンチを温める日々が続いていた。

 それでも、リーグ再開後の第26節バイエルン・ミュンヘン戦で2-5の大敗を喫したことを機に3バックへと戻すと、4試合連続で3バックの中央で先発フル出場し、マインツ戦でリーグ戦通算309試合出場を記録。元韓国代表FWチャ・ボムグン氏の出場記録を塗り替え、アジア人におけるブンデス最多出場選手となった。

 これを受け、ドイツメディア「Der SPORTBUZZER」は「長谷部はブンデスリーガにおいて、アジアの新たなレコードブレーカーになった」と大々的に取り上げている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」ドイツ版公式ツイッターも「新たなブンデスのレコードブレーカーは日の出る国からやってきた」と投稿している。

 ドイツ放送局「DW Sport」も「DFにとって、なんて象徴的な存在なんだ!」と称賛。2008年から12年間にわたりドイツの地で活躍している長谷部だが、ブンデスの歴史に名を刻む偉業を達成した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ