「日本人が絶好調」 南野、リバプールGKに屈辱与える“華麗なヒール弾”公開「真のタキの姿」

リバプールMF南野拓実がトレーニングで好調をアピール【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実がトレーニングで好調をアピール【写真:Getty Images】

南野がトレーニングでファインゴールを披露 リバプール公式も「よくできました!」

 日本代表MF南野拓実は、今年1月にザルツブルクからリバプールへと移籍した。新型コロナウイルスの影響でプレミアリーグは長期間の中断を余儀なくされたが、今月17日からの再開が決定している。リバプールもリーグ制覇に向けトレーニングに励んでいるなか、クラブ公式SNSは南野が練習中に披露した華麗なヒール弾に注目している。

 南野はリバプールにとって冬の移籍市場の唯一の補強となったが、新型コロナウイルスの感染拡大により、プレミアリーグは中断。早期の適応を目指すなかで、思わぬ足踏みを強いられることになった。そのなかでついに、17日からのプレミアリーグ再開が決定した。

 南野はこれまで公式戦7試合に出場しているが、いまだノーゴールノーアシストと目に見える結果を残せていない。再開後のシーズンは正念場となるなか、クラブ公式インスタグラムは「よくできました!」と文章を添え、シュート練習の場面で、右サイドからのクロスにニアに走り込んだ南野が華麗な右足のヒールシュートで、GKアドリアンが守るゴールを撃ち抜く動画を投稿していた。

 コメント欄では「真のタキの姿だ!」「GKに屈辱を与えた」「一級品だ」「日本人が絶好調」「火を噴いた!」とファンからも反響が寄せられていた。30年ぶりのリーグ優勝へ“マジック2”に迫っているが、南野の初ゴールが優勝を決する一撃になることもあるかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング